脂肪吸引徹底調査TOP > 口コミで評判の切らない脂肪吸引クリニック・病院ランキング

脂肪吸引クリニック・病院ランキング

ここでは「切らない脂肪吸引」の中でも、注目の施術・クールスカルプティングに着目し、日本美容外科学会(JSAS)会員の医師が所属しているクリニックの中で、クールスカルプティングを安く提供しているクリニックを順に紹介していきます!

セオリークリニック

セオリークリニック

▲画像をクリックして公式サイトへ

37,400円
(通常価格・クールアドバンテージ1カップなど)

痩身治療においては「切らない脂肪吸引」のみを扱うクリニック。カウンセリングから施術、アフターケアまで丁寧に対応してくれると口コミの評価も高く、痩身効果にも満足、という声も多く寄せられています。

▲画像をクリックして公式サイトへ

セオリークリニックの切らない脂肪吸引の種類は?

からだにメスを入れず、皮下脂肪の細胞をさまざまな手法で破壊する切らない脂肪吸引。細胞の破壊方法は、高周波を使ったり冷却して破壊したりと、機器によって異なります。セオリークリニックには、さまざまな手法に対応した機器が一通りあるようです。患者さんの体質や脂肪の状態に合わせて適切な機器を提案してくれます。

高周波 超音波 冷却 加熱+冷却 脂肪溶解注射

※機器に関する、最新の詳しい情報は各クリニックにお問い合わせください。

筒井裕介 医師
2003年、順天堂大学医学部を卒業。同大学付属病院形成外科助手を経て、技術力の高さで知られる美容外科、オザキクリニックに入職。豊富な経験を積んだのち、2009年にセオリークリニックを開院しました。
得意分野は、目の周囲の手術、フェザーリフト、にきび治療、「切らない脂肪吸引」。中でも特に「切らない脂肪吸引」には定評があり、単に痩せるだけではなく、デザイン性、センスが卓越しているとの口コミ評価が多数。
専門医資格として、美容外科専門医とサーマクール認定医の2つを保有。日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本美容皮膚科学会、日本臨床抗老化医学会、日本再生医療学会など数多くの学会にも所属し、臨床医師としてだけではなく医学者としても幅広く活躍しています。

ここに注目

Point1
切らない脂肪吸引に特化している
脂肪吸引術の中でも、切らない脂肪吸引に特化して施術を提供しているクリニックです。そのため、切らない脂肪吸引の症例が豊富で、ライポソニックスなど最新の治療器での施術はもちろん、脂肪溶解注射やダイエット点滴など、一人一人違う脂肪の状態に合わせたより効果的な切らない治療の提案もおこなっています。
Point2
カウンセリングからアフターケアまで、丁寧な対応
通常、カウンセリングやアフターケアを簡単に済ませるなど丁寧に行われないことが多いのですが、セオリークリニックではカウンセリング・施術・アフターケアまで何一つ手を抜かず行っています。そのため、情報の行き違いなどのトラブルもなく、施術を受ける患者側の安心度もとても高くなっています。
Point3
患者さんごとに理想的な痩身を実現する「美ボディメイクプログラム」
単なる患者さんの御用聞きではなく、患者さんそれぞれの体型や脂肪の特徴などに合わせた個別の痩身プログラムを提案。経験豊富な医師による精密な診断、患者さんの希望や予算も取り入れた最適な治療の実施、効率的かつ安全に痩せるための医療用サプリの提供など、総合的な医療の視点から、患者さん一人ひとりに最も理想的な痩身メニューを実施しています。
また施術後には、理想の体型をキープしていくための運動指導や食事指導なども実施。美しいボディを長持ちさせる「美ボディメイクプログラム」を提唱しています。

セオリークリニックが推奨するその他の“切らない”脂肪吸引

リポコントラスト

セオリークリニックでは、最新の痩身マシン「リポコントラスト」を推奨しています。リポコントラストを日本で初めて導入したセオリークリニックでは、これまで多くの患者さんに施術を行ってきました。

リポコントラストは、部分痩せのために開発された機器。脂肪細胞を加熱したあとに冷却し、また加熱して体外へ排出する仕組みです。体にメスを入れることがなく、ダウンタイムはほぼゼロ。リポコントラストの優れた点は、体外からの施術にもかかわらず、1回で脂肪細胞の30%以上を取り除けるところです。脂肪細胞そのものを減らせるので、リバウンドしにくいというメリットがあります。効果を実感するまでに数週間かかるものの、切る脂肪吸引よりも安い価格で受けられるため、「部分痩せをしたい!」という方から好評です。

公式サイトで詳しく見る

セオリークリニックの
評価をもっと詳しく

セオリークリニックの評価をもっと詳しく

電話で問い合わせる

湘南美容外科

湘南美容外科

▲画像をクリックして公式サイトへ

39,270円(モニター価格、2エリア以上の場合の価格)

言わずと知れた大手の美容外科。豊富な施術の種類の中で、切らない脂肪吸引に関してもいくつかの機器が用意されています。切る脂肪吸引も含めて検討している方にとっては選択肢が多いのが魅力ではないでしょうか。

▲画像をクリックして公式サイトへ

湘南美容外科の切らない脂肪吸引の種類は?

クロスクリニックでは、おおよその機器はそろっているようです。施術方法の選択に困ることはないでしょう。

高周波 超音波 冷却 加熱+冷却 脂肪溶解注射

※機器に関する、最新の詳しい情報は各クリニックにお問い合わせください。

山本彩 医師
杏林大学医学部在籍中、アメリカでの臨床実習などを経て卒業され、東京女子医科大学病院で皮膚科や内科、外科、救急などを経験されたのちに湘南美容外科に入職。
手術に対して抵抗のある患者さんたちに寄り添い、手術以外の方法も含めて悩みを解決する手段を提案しています。生活の質についても言及しながら、体の内側・外側それぞれからの美を追求されているそうです。
日本美容外科学会会員のほか、日本抗加齢医学会会員、ボトックスビスタ認定医、ジュビタームビスタ認定医の資格を保有。さらにはアラガン社が提供するクールスカルプティング講習を修めた証である終了証を保有しています。

ここに注目

Point1
様々な痩身メニューが揃っている
湘南美容外科では、幅広い脂肪吸引メニューを取り扱っています。切る施術もありますが、切らない脂肪吸引に関してはメニューを豊富に用意。ボトックスや脂肪溶解注射などの注射によるメニューからレーザー、高周波といった機器もあるため、希望や予算にあわせた柔軟な提案が可能になっています。
Point2
カウンセリングは全て女性スタッフが担当
切らない脂肪吸引についてなど、施術に関するカウンセリングには全て女性のスタッフがあたっています。色々な質問してみたいけど、恥ずかしくてなかなか言い出せなかった人や、漠然としたお悩みや希望にも、丁寧で相談しやすい雰囲気を持って対応しています。
Point3
症例写真が豊富
全国展開の湘南美容外科では、リスクやダウンタイムについて記載した上で症例写真を掲載。多くの医師による脂肪吸引施術の症例写真を確認することができます。自分のイメージにあった症例写真があれば、その施術をお願いするのも一つの手でしょう。

湘南美容外科が推奨するその他の“切らない”脂肪吸引

BNLSアルティメット

アメリカFDAで脂肪溶解効果が認められているデオキシコール酸のほか、引き締め・リンパ循環促進などの作用をもたらす成分を配合した注射を行います。脂肪を溶解する上、脂質代謝を高めるといった効果も。脂肪は老廃物として排出され、最短3日程度で効果を感じられることもあるそうです。

原液をベースにした価格設定で、受けやすいのも特徴です。

公式サイトで詳しく見る

湘南美容外科の
評価をもっと詳しく

湘南美容外科の評価をもっと詳しく

電話で問い合わせる

品川美容外科

品川美容外科

▲画像をクリックして公式サイトへ

39,270円(モニター価格、2エリア以上の場合の価格)

医療痩身としてさまざまな施術を展開しながらも、クールスカルプティングによる施術を推進しています。ダウンタイムを最小限にしつつ、体系維持もサポートすることをこだわりとして掲げており、食生活に関する相談なども無料です。

▲画像をクリックして公式サイトへ

品川美容外科の切らない脂肪吸引の種類は?

湘南美容外科と同じく、機器のバリエーションは比較的豊富なようです。豊富な選択肢の中から、自分に合った機器を提案してもらえるでしょう。

高周波 超音波 冷却 加熱+冷却 脂肪溶解注射

※機器に関する、最新の詳しい情報は各クリニックにお問い合わせください。

秦真治 医師
1987年、琉球大学医学部卒業。東京女子医科大学外科に入局して修行を積んだのち、1988年に品川美容外科へ入職しました。その後品川美容外科・スキンクリニックの各院で院長を務められています。
美容外科医31年というベテランで、豊富な経験をもちながら患者さんと直で接しているようです。日本美容外科学会ではプレゼンターとして論文の発表を行うなど美容外科の第一人者としても活躍されています。

ここに注目

Point1
幅広い医療痩身プログラムを提供
冷却や注射など、いくつものアプローチで患者さんの悩みを解決しています。部分的に痩せたい、早く効果を出したいなど、その人のニーズにあわせた施術が可能になっています。特に注射に関してはいくつもの施術を用意しており、部位などに応じて分けて対応することが可能です。
Point2
ボディメイクコンテストを開催
2019年には、施術を受けたモニターによるボディメイクコンテストが開催されました。実際に施術を受けた方の変化が手にとるように分かり、医療痩身の効果を実感することができます。内容はHPから確認することが可能です。
Point3
症例写真が豊富
切らない脂肪吸引もですが、クリニック全般の施術における症例写真を多数公開しています。HPから確認することができ、随時新しいものも更新されていきますので、自分の症状と近いものが見つかるかもしれません。

リッツメディカルクリニックが推奨するその他の“切らない”脂肪吸引

エバースリム

腫れや痛みをなるべく抑えた、脂肪取りの注射です。注射により脂肪細胞を減少させていきながら、医師が考案する独自のプログラム(生活習慣指導)を並行していきます。これにより、リバウンドしにくい体づくりをしていくことが可能なのです。

医師が患者さん一人ひとりにあわせてプログラムを展開してくれるので、生活習慣の改善を含めて継続できれば効果を見込むことができます。

公式サイトで詳しく見る

リッツメディカルクリニックの評価をもっと詳しく

電話で問い合わせる

有楽町美容外科クリニック

有楽町美容外科クリニック

▲画像をクリックして公式サイトへ

41,400円(お試し1回価格)

「患者さんの要望を第一に考えるクリニックを作りたい」というコンセプトのもと、安全で効果的な先進美容医療を提供しているクリニックです。女性専用で駅から近く、診療時間が夜10時までという遅い時間までやっているので、とても通いやすい美容整形クリニックであると言えます。

▲画像をクリックして公式サイトへ

有楽町美容外科クリニックの切らない脂肪吸引の種類は?

有楽町美容外科クリニックでは、主に超音波や高周波を使った切らない脂肪吸引が中心のようです。

高周波 超音波 冷却 加熱+冷却 脂肪溶解注射
× ×

※機器に関する、最新の詳しい情報は各クリニックにお問い合わせください。

黒河内隆 医師
1988年、群馬大学医学部卒業。のち麻酔科を専門とし、東京大学付属病院や虎ノ門病院など国内有数の総合病院で豊富な経験を蓄積。のち、当時は国内トップクラスの美容外科として知られた十仁病院に入職し、美容外科の道をスタート。同病院にて10年の修行を経たのち、2000年、有楽町美容外科クリニックを開院しました。
「患者さんのことを第一に考えるクリニック」をモットーに、誰もが継続して治療を受けられるよう、高度な美容医療を適正価格で提供。元麻酔科医という経歴もあることから、施術における痛み対策は徹底しています。
日本美容外科学会専門医、麻酔科標榜医という2つの専門医資格を持つ実力派ドクターでもあります。

ここに注目

Point1
女性専用で完全予約制
女性の中には、興味はあるけれど美容整形クリニックへ通うのは少し抵抗がある、と問い合わせるのも敬遠してしまっている人が少なくありません。有楽町美容クリニックは女性専用のクリニックであり完全予約制ですので、そうした女性でも安心して通いやすいのが、大きな特徴となっています。
Point2
多彩な痩身メニューの中から最適な治療法を提案
有楽町美容外科クリニックで用意している痩身メニューは、非常に多彩。話題のウルセラアクセントを始め、高周波を利用したテノール、脂肪溶解注射、炭酸ガスメソ、ダイエットサプリ、エンダモロジー、切る脂肪吸引など、実に11種類にものぼる痩身メニューを用意しています。メニューが多彩なので、様々なタイプの患者さんに幅広く対応が可能。きっと、あなたの体質や脂肪、希望に合った痩身メニューも見つかるはずです。
Point3
「アクセス良好 & 夜10時まで診療」だから無理なく通院が可能
クリニックへのアクセスは、JR有楽町駅から歩いて0分。有楽町や銀座などのビジネス街で働く女性でも、無理なく通うことができる好立地です。しかも診療時間は夜10時まで。毎日帰りが遅くなる女性でも、仕事帰りに気軽に立ち寄ることができるでしょう。美容医療は、風邪の治療と違って1回の通院で終わるわけではありません。アフターケアも含めて何度も通院することを前提にすると、クリニック選びにおいてアクセスと診療時間は非常に大事なポイントです。

有楽町美容外科クリニックが推奨する“切らない”脂肪吸引

ウルトラアクセント

有楽町美容外科クリニックでは、「ウルトラアクセント」を用いた脂肪吸引に力を入れています。ウルトラアクセントは特殊な超音波を使って脂肪細胞だけを壊す機器。メスを一切使わないため、痛みやダウンタイムはほとんどありません。脂肪細胞そのものを減らすのでリバウンドの心配がなく、お腹周りや太ももといった気になる部位はもちろん、フェイスの引き締めにも使えるのは嬉しいポイント。二重あごの引き締めをするためにウルトラアクセントの施術を受ける方もいるそうです。

高周波には老廃物の排出を促すだけでなく、皮膚のタイトニング作用もあるので、脂肪細胞が排出された後のたるみを引き締め、なめらかでハリのある肌へと導いてくれます。

公式サイトで詳しく見る

有楽町美容外科クリニックの
評価をもっと詳しく

有楽町美容外科クリニックの評価をもっと詳しく

電話で問い合わせる

加藤クリニック

加藤クリニック

▲画像をクリックして公式サイトへ

60,000円(通常価格、クールアドバンテージ1カップ)

切らない脂肪吸引のゼルティックをはじめ、脂肪溶解注射や切る脂肪吸引であるスマートリポなどを提供しています。患者さん一人一人に満足してもらえる理想的なボディーラインを引き出すため、カウンセリングからアフターケアまでを院長が一貫しておこなっている美容クリニックです。

▲画像をクリックして公式サイトへ

加藤クリニックの切らない脂肪吸引の種類は?

加藤クリニックでは、冷却装置をつかった施術法と脂肪溶解注射を扱っています。この他にも、セルライトを破壊する施術や、体内からレーザーを照射する施術があるようです。

高周波 超音波 冷却 加熱+冷却 脂肪溶解注射
× × ×

※機器に関する、最新の詳しい情報は各クリニックにお問い合わせください。

加藤一実 医師
1990年、日本医科大学医学部卒業。麻酔科ICUでの経験を積んだのち、美容外科の道へ。1994年には自身の美容外科を開院し、並行して海外での修行も経験しました。
患者との意志共有を図るため、施術前には何度でもカウンセリングを行なうこともあります。患者のためにならないと判断すれば、施術を断ることもあるとのこと。アフターケアも充実した実力派のクリニックとして、口コミでも高評価を集めているクリニックです。
日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本麻酔科学会など多くの学会に所属。聖路加国際病院の登録医も兼務しています。

ここに注目

Point1
カウンセリングからアフターケアを一貫して院長が担当
患者さんがそれぞれ理想とするボディーラインに近づけていくために、カウンセリングから治療、アフターケアまで院長が一貫して担当しているのが大きな特徴です。そうすることで、患者さんの希望を忠実に治療へ反映することができ、気になる部位を的確に治療していくことができます。
Point2
治療だけに終わらない充実のアフターケア
カウンセリングが徹底しているクリニック、治療に精通したクリニックは世の中にたくさんありますが、アフターケアが徹底しているクリニックは、残念ながら多数派ではありません。加藤クリニックでは、カウンセリング・治療・アフターケアの3点を同じレベルで大切なものと考えています。治療をして終わりではなく、ダウンタイム中の不安など治療後に生じる患者さんの様々な悩みに対して、加藤クリニックは誠心誠意対応しています。
Point3
麻酔科出身の加藤院長が安全・安心の診療
美容外科分野における医療ミスで最も多いのが、麻酔によるミス。取返しのつかないミスを避けるためにも、医師には専門的な麻酔の知識・技術が要求されます。加藤クリニックの加藤院長は、大学卒業後、麻酔科ICUにて多くの症例を摘んだ麻酔のプロフェッショナル。単に「痛くない」だけではなく、高度な専門能力によって「安全・安心」な麻酔技術を提供しています。院長自身の施術の安全性の保証、および何かがあったときの責任の所在を明確にするために、あえてクリニック名に院長の名前「加藤」を入れています。

加藤クリニック麻布が推奨する“切らない”脂肪吸引

ゼルティック

加藤クリニック麻布では、切らない部分痩身「ゼルティック」による施術を行っています。ゼルティックは、脂肪を冷却することで、徐々に脂肪細胞を破壊していく切らない脂肪吸引方法です。効果を実感するのはおよそ2~4カ月後。即効性はありませんが、脂肪細胞の数が減少するので、リバウンドの可能性はほとんど低くなります。

ゼルティックは、冷却した部位のおよそ20%を減らせると言われています。施術中は痛みを感じないので、リラックスしながら部分痩せができるという特徴があります。

マシンによる痩身であっても、全身の調和がとれたプロポーションをつくり上げることが大切です。加藤クリニック麻布は東京院・大阪院とありますが、ゼルティックによる切らない脂肪吸引は、経験豊富な加藤総院長がいる東京院でのみ受けられます。

公式サイトで詳しく見る

加藤クリニックの
評価をもっと詳しく

加藤クリニックの評価をもっと詳しく

電話で問い合わせる

そもそも切らない脂肪吸引ってどんな施術?

切らない脂肪吸引とは、一言で言えば「傷跡の残らない脂肪吸引」ということです。脂肪を「吸引」するのではなく、自然に体外へ排出させる仕組みなので、厳密に言えば「切らない脂肪除去」といったところでしょう。

従来の切る脂肪吸引の場合、何らかの機器等を使用して脂肪を破壊したのち、カニューレと呼ばれる医療用の管で脂肪を吸引していきます。カニューレを患部に挿入するわけなので、わずかとは言え切開をする必要があります。結果、傷跡が残ってしまうことになります。

また、たとえ患部の外見が普通の皮膚に覆われていたとしても、皮膚の下にある組織では、カニューレを使用した際の損傷が多く残ります。

一方、切らない脂肪吸引ではカニューレを挿入する必要がありません。機器で破壊された脂肪は、体液の流れに乗って徐々に外へと排出されていく仕組みです。傷跡を一切残さず、また内部の組織に損傷を与えず、時間をかけて徐々に理想的な体型へと変化していくのが切らない脂肪吸引です。

なお切らない脂肪吸引は、切る脂肪吸引とは違い、術後のダウンタイムがほとんどありません。切る脂肪吸引の場合は、術後数日ほど会社を休んだり、また施術部位に痛みを伴ったりする場合がありますが、切らない脂肪吸引の場合は、施術当日から普段通りの生活を送ることができます。

切らない脂肪吸引3つのメカニズム

切らない脂肪吸引における脂肪の破壊メカニズムには、「加熱」「冷却」「溶解」の3種類があります。それぞれの特徴や、代表的なマシンについて見ていきましょう。

  • 加熱
  • 痩せたい部分に超音波や医療用レーザー等を照射することで、脂肪を加熱して破壊する方法です。破壊された脂肪は、自然に体外へと排出されていきます。

    【代表的なマシン】
    ・ライポソニックス…高密度超音波よる加熱で脂肪を破壊
    ・リポセル…HIFU(高密度焦点式超音波)による加熱で脂肪を破壊
    ・リポコントラスト…加熱と冷却の温度差で脂肪を破壊
    ・スカルプシュア…ダイオードレーザーによって脂肪を加熱し破壊

  • 冷却
  • 痩せたい部分にマシンを装着し、皮膚とともに脂肪層を引っ張りつつ脂肪を凍結させる方法。凍結した脂肪細胞はアポトーシス(細胞の自殺)をし、体外へと排出されていきます。

    【代表的なマシン】
    ・ゼルティック…脂肪細胞をシャーベット状に凍結させて破壊

  • 溶解
  • 痩せたい部分に超音波などを照射し、不要な脂肪を溶かしてしまう方法。エステなどにおけるキャビテーションと原理は同じですが、医療機関ではより強力な脂肪溶解マシンを使用しています。

    【代表的なマシン】
    ・ウルティマアンサンブル…超音波の力で脂肪が溶解

【本サイトについて】

・ランキングは施術の種類や口コミなど独自調査によるもので、クリニックに優劣をつけるものではありません。
・本サイトは切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引の基礎知識やクリニック情報を網羅して情報提供することが目的であり、特定のクリニックへの誘導を目的とはしておりません。

【副作用について】

・すべての治療にはリスクおよび副作用の可能性があります。治療を受ける際は、ご自身で施術内容の詳細やダウンタイムなどをリサーチの上、ご検討ください。
・医療機器名、施術料金、治療期間、ダウンタイム、副作用、痛みなどは公式サイトなどを参照元として作成しています(2019年6月現在)。最新の情報は各クリニックの公式サイトでご確認をお願いいたします。

PageTop