ラウンド3(イメージ)

ラウンド3.切らない脂肪吸引VS切る脂肪吸引 失敗 手術を決める前に知っておきたい脂肪吸引の失敗例

脂肪吸引を受けるときに気になる失敗の可能性。「切らない脂肪吸引」と「切る脂肪吸引」には、どのような失敗例があるのか。また、施術方法による失敗率についても、ご紹介していきます。

切らない脂肪吸引の失敗例

効果がない・感じられない
数回のコースの施術を受けても、変化を感じられない場合があります。切る脂肪吸引に比べて除去できる脂肪量が少ないことと、太っている原因が皮下脂肪ではない、という理由が挙げられます。
皮膚が変色してしまった
効果が感じられなかった上に注射を行った個所の皮膚が、あざのように変色してしまったケースがあります。
元々肌にあざができやすい体質の方は、必ず事前のカウンセリングで医師に相談するようにしましょう。
ボトックスによる筋力低下
筋肉の働きを抑制する効果を利用しているため、過剰な注入や注射の箇所によっては、必要な筋肉まで硬直を起こし、直立ができないなど日常生活に支障が出てしまう場合もあります。

切る脂肪吸引の失敗例

脂肪の取り過ぎ
脂肪を必要以上に摂り過ぎてしまうと、部位によっては組織がダメージを受けしびれが残ったり、不自然なデザインに仕上がったりします。最悪のケースになると脂肪の摂り過ぎによる死亡例も報告されています。
吸引した部分の肌が凸凹になった
手術後、吸引した部分の表皮が凸凹になってしまうのは、吸引する時に脂肪の取りムラがあったことが原因となっています。そのため、皮膚が凸凹してしまうのは医師の技術や経験上の問題といわれています。
吸引した部分の皮膚がたるんだ
急激に脂肪だけを吸引していきますので、元々皮膚がたるんでいる方や妊娠線などがあるケースなどでは、吸引後に皮膚の収縮が十分起こらず、皮膚のたるみがより強調されてしまう場合があります。
期待したほど効果がなかった
効果が感じられなかった人の場合、医師とのコミュニケーションに問題があったり、太く見える原因が皮下脂肪ではなかった、ということが効果を感じられなかった理由として挙げられます。
吸引した部分の感覚がなかなか戻らない
脂肪吸引手術をする際に、カニューレの振動で脂肪細胞以外の組織(筋肉・皮膚・神経)を傷付けてしまうと、その部分の感覚が鈍ったりしびれなどの症状が現れ、長引きやすくなってしまいます。

リスクも多い脂肪吸引、絶対失敗しないためのコツは?!

リスクも多い脂肪吸引、絶対失敗しないためのコツは?!

脂肪吸引の失敗は、自分の皮膚の状態や問題を正確に知らず、技術力が未熟な先生から手術を受けた時に起こります。脂肪吸引を失敗しないためには、本当に優れた技術力を持っている先生に手術を受けることが一番大切です。まず、口コミ・評判や先生の情報などをしっかりチェックし、自分に合うクリニックと先生を探しましょう。
クリニックは、毎回診てもらう旅に先生が代わるクリニックよりも、できるなら先生の指名ができ、また先生が患者さんの状態を手術前に詳しくチェックしてくれるところが安心できるクリニックです。それは、患者さんの皮膚の状態により、手術後の回復力などが判断できるのです。
そのほかにもアフターケアをしっかりすることです。
脂肪吸引の手術後のアフターケアは非常に重要なもので、不十分だとダウンタイムやむくみが長く続くことになったり、たるみを引き起こすなどで上がりにも影響を与えることもあります。手術後のアフターケアをしっかりしてくれるクリニックで管理を徹底に行い、脂肪吸引の失敗を防ぎましょう。

各手術方法別 失敗率

脂肪吸引施術を受ける場合、「切らない」「切る」どちらの方法にも全くリスクがないとは言えません。安易に手術を受けてしまったために、後で後悔するようなことになっては大変です。そうならないためにも、治療方法を決める前にその失敗例などデメリットもしっかりと知っておきましょう。

切らない脂肪吸引

  • ゼルティック 失敗率1
  • ライポソニックス 失敗率1
  • ウルトラアクセント 失敗率2
  • 脂肪溶解注射 失敗率2
  • ウルティマアンサンブル 失敗率1
  • ウルトラキャビテーション 失敗率3

切る脂肪吸引

  • ボディジェット 失敗率3
  • ライポソニックス 失敗率3
  • ベイザーミケランジェロ 失敗率3
  • スマートリポレーザー 失敗率4
  • シリンジ脂肪吸引 失敗率5

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop