脂肪吸引徹底調査TOP > 切らない脂肪吸引方法 > サーマクールCPTとは

サーマクールCPTとは

サーマクールCPT

脂肪を引き締めに特化した痩身マシン

まず、「サーマクール」とは、皮膚の表面を冷やしながら高周波を当てることで、コラーゲンの生成増殖を促し、肌のハリを蘇らせて引き締める効果のある施術です。
「サーマクールCPT」は、このサーマクールの施術中に発生する痛みを少なくするために、バイブレーション機能のあるハンドピースを導入しています。さらにチップの先端の素材を変えることで熱の伝導率を改善して、施術中の痛みを軽減させつつ十分な効果を得られるように改善された施術方法になります。

特徴脂肪を吸引することなく肌を引き締めることが可能
加齢に伴い肌のハリがなくなると、脂肪や筋肉が重力によってどんどん下がってしまい、たるんでいきます。こうしたたるみを整形手術で改善することも可能ですが、顔にメスを入れることに抵抗がある人も多いです。
サーマクールCPTは、メスを入れることなく肌の機能を回復させて、若返らせることができる画期的な施術です。

サーマクールCPTのメリット

切らずに顔のリフトアップが可能
メスを入れる整形手術によって、顔のシワやたるみを改善することも可能ですが、やはり顔にメスを入れることに不安を覚える人はとても多いです。
サーマクールCPTはメスを入れずに肌のたるみを改善することができるので、比較的抵抗なく施術を受けることができ、悩みを解決することができます。
また、メスを入れない分、傷やアザが残るなどのダウンタイムがないので、すぐに日常生活に戻れる点も魅力です。
リフトアップ以外の効果も期待できる
サーマクールCPTは、リフトアップ効果だけでなく、毛穴の引きしめ効果や小顔効果が期待できる点もメリットです。
毛穴が目立ってくることの原因として、実は肌のたるみが挙げられます。肌がたるんでくると必然的に肌が下りますが、それによって毛穴が縦に伸び、毛穴が目立ってしまうのです。サーマクールCPTによって肌のハリが戻ってくると、肌が上がって長く伸びていた毛穴が小さくなるので、毛穴が引き締まって目立たなくなります。また、肌が上がる分面積も小さくなるので、小顔効果が期待できるのです。こうしたプラスアルファの効果が期待できる点も、サーマクールCPTの魅力です。
美容整形を行ったということが周囲に知られにくい
サーマクールCPTを受けた後、すぐにコラーゲンが生成されるのではなく、肌の機能が蘇ってから少しずつコラーゲンが生成されて肌にハリが戻ってくるので、効果の現れ方はとても緩やかです。
緩やかであるがゆえに、周囲から美容整形を受けたと思われにくく、周りの目を気にせずに気軽に施術を受けることができます。

サーマクールCPTのデメリット

効果が出るまでに時間がかかる
サーマクールCPTは、効果の現れ方が緩やかな点がメリットのひとつではありますが、すぐに効果を実感したいという人にとっては、デメリットにもなりえます。
例えば1ヶ月後に結婚式を控えている場合、1ヶ月後に必ず効果が現れて肌のハリが戻ってくるとは限らないのです。効果が出るには2ヶ月かかることもあるため、即効性を求める人には不向きな施術です。しかし、時間を長めに計算して数ヶ月前から施術を受けることができるのであれば、目的の日に合わせて効果を得ることはできます。
切る整形手術よりも効果は低い
切らないリフトアップの中では、時間はかかるものの高い効果を得ることができる施術になります。ですが、物理的にたるみを引き上げたり、シワを伸ばすことができる切る整形手術と比較すると、効果が低いという点はデメリットのひとつです。
たるみがとても強い人や、深いシワがたくさんできている人は、サーマクールCPTでは希望する効果を実感することができないかもしれません。カウンセリング時に症状と効果についてよく相談したうえで、施術を受けるかどうか検討しましょう。
施術後に赤みが出る場合がある
サーマクールCPTでは肌に熱を加えるため、施術後肌に赤みが出ることがあります。肌が落ち着けば赤みは引きますが、施術後すぐに大切な人に会う予定がある場合などは、施術を別の日に設定しましょう。

手術の流れ

手術の流れ

サーマクールCPTの施術前には、担当する医師がカウンセリングを行います。
カウンセリングでは照射する範囲や、仕上がりの状態などを説明するほか、施術において考えられるリスクやアフターケアなど、幅広い範囲でいろいろな話しをします。不明点があればここで解決しておきましょう。
同意をして施術に入る際は、施術前にクリーム麻酔を塗布します。
その後、麻酔が効いていることを確認してから、カウンセリングでヒアリングをした場所にサーマクールCPTを照射していきます。施術後は施術した部位を冷やし腫れを最小限に抑え、施術終了です。施術後はすぐにメイクして帰宅できます。

ダウンタイムと副作用

ダウンタイムと副作用

サーマクールCPTはメスを入れて施術をするものではないので、ダウンタイムはほとんどありません。肌の状態によって少し腫れが出る人もいますが、施術後に肌を冷やすことで腫れを抑えることができます。
ただし、サーマクールCPTは熱の力で肌の機能を蘇らせるので、冷やすことは少し我慢したほうが効果が出やすいようです。

手術後のケア方法

手術後のケア方法

手術後は、これまで同様のスキンケアでお手入れすれば十分ですが、できるだけ紫外線を避けることで効果を長持ちさせることができます。紫外線はコラーゲンの生成機能を破壊してしまうので、サーマクールCPTの効果を妨げる可能性があります。
UV対策をしっかり行い、またシワの原因となる乾燥を避け、保湿ケアを重点的に行うとよいでしょう。また、手術後にアルコールを摂取したり、激しい運動をすると赤みが強く出ることがあるので、手術後はこれらの行為は控えることをおすすめします。

サーマクールCPTを受けた人の体験談

強い痛みもなくリラックスして施術を受けることができました
仕事が忙しくなかなかスキンケアができずにいたのですが、ある日鏡を見たら顔にたるみが出てしまっていて、なんとかしないとと思い、サーマクールCPTの施術を決意しました。インターネットなどで調べていると、痛みが強いという話だったのでとても不安だったのですが、実際の施術ではそこまで強い痛みはなく、比較的リラックスして施術を受けることができました。施術後効果が現れるには時間がかかったのですが、2ヶ月ほどしたら肌にハリが戻ってきて、フェイスラインもスッキリしてきたのでとても嬉しかったです。
20代後半女性
最初は抵抗がありましたが受けてよかったです
切らないとはいえ美容整形なので、サーマクールCPTの施術には少し抵抗がありました。しかし、仕事が忙しくてなかなかお手入れの時間が取れなかったことに加え、結婚式を控えていたこともあり、思い切って受けてみることにしました。とても緊張しましたが、クリニックの先生や看護師さんがとても丁寧で、カウンセリングで不安を消すことができましたし、実際の施術も安心して受けられました。施術後は自分で思っていたよりも高い効果が見られ、友人たちからも「小顔になったね」といわれます。結婚式当日も楽しみです。
30代女性
高い引き締め効果に満足です
40代になり、セルフケアでは改善しない頬のたるみに悩んで、施術を申し込みました。施術の痛みが心配だったのですが、我慢できる程度でした。その後少しずつたるみが改善してきて、久しぶりに会った友人には「別人みたい」といわれるほどに。施術してから3ヶ月ほど経ちましたが、まだたるみは再発していないので、効果の持続性にも満足しています。
40代女性

サーマクールCPTの料金相場

サーマクールCPTは、主に顔のたるみを改善してハリを蘇らせるために用いられますが、脂肪吸引やボディラインを美しくするための施術としても活用されています。ボディラインの施術における料金相場は、部位によって料金を設定しているところもあるようですが、ショット数で料金を設定しているクリニックが多いようです。例えば、400ショットを1回で行う施術で約9万円、600ショットを1回で行う施術で約12万円といった具合です。顔に行うサーマクールCPTの料金については、顔全体で約30万円、額が15万円、両頬で25万円と部位ごとに料金設定されています。

サーマクールCPTの効果が出る目安

サーマクールCPTは、施術してその場で効果が出るという施術ではありません。
施術後コラーゲンを生成する細胞が蘇り、コラーゲンを新しく作ることによってハリが出たり、皮膚が若返る効果が表れます。このため、効果を感じられるまでには時間がかかり、一般的には施術後約2週間から効果が表れ始め、3ヶ月ほどかけて少しずつハリが出てくるようです。即効性は期待できませんが、その分周りに美容整形をしたと気づかれにくい点はメリットだといえるでしょう。

サーマクールCPTによくある失敗例

サーマクールCPTは、肌の真皮に熱を加えてコラーゲンの生成機能を高める施術になります。このため、ごく稀に施術部位が火傷をしてしまうことがあるようです。皮膚がただれてしまうほどのひどい火傷になることはほとんどありませんが、軽い火傷でも顔などの施術であればとても気になりますよね。

また、肌にハリを与えて引き締めてくれる施術になりますが、思いのほか効果が表れなかったという人もいるようです。1回の施術で効果が出ない場合、時期を見ながら数回重ねて施術を行うことで効果が出てくる人もいます。即効性がない施術になるので、いつ効果が出てくるのかを見極めることができず、気づけば半年経っても何の効果もなかったという人もいるようです。

あとは、数週間後にリフトアップ効果を実感したけれど、すぐに元に戻ってしまったという人も多いです。サーマクールCPTで肌が若返っても、その後のケアをきちんと行わなければ、短い期間で元に戻ってしまいますので、しっかり保湿をするなどのケアを怠らないようにしましょう。

サーマクールCPTの施術時の痛みと麻酔方法は?

サーマクールCPTの痛みは、チリっとした熱を受けたときに感じるような痛みを覚える人が多いです。我慢できないほどの痛みではないので、麻酔などはせずにそのまま施術を行うのが一般的ですが、どうしても痛みに耐えられないという人は、麻酔クリームを施すこともあります。また、麻酔に抵抗がある人は、サーマクールCPTの出力レベルを調節し、痛みを軽減するということも可能です。

ただし、出力レベルを下げることで痛みは軽減されますが、施術の効果も低くなりますので、この点は理解しておかなければなりません。痛みに弱い人は、カウンセリング時にその旨を相談し、どのような形で施術を受けるかを医師と一緒に決めましょう。

サーマクールCPTの施術を受けられない人

サーマクールCPTの施術には、ごく稀に受けることができない人がいます。
例えば、身体にペースメーカーや除細動器、金属プレートなどを入れている人や、糖尿病の人、妊娠中の人などがそれに当たります。ほかにも、心臓の疾患がある方、皮膚の難病を患っている方、出血性疾患を持っている方、ケロイド体質の方、悪性腫瘍の方なども施術を受けることができませんので、カウンセリング時に必ず申告してください。

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop