スカルプシュアとは

スカルプシュア

脂肪を確実に溶解するダイオードレーザーのパワー

スカルプシュアは、皮膚に一切傷を残さない「切らない脂肪吸引」の先駆け。皮膚にダイオードレーザーを照射することによって、皮下の脂肪細胞を溶解させるマシンです。 レーザーの照射を受けた脂肪細胞は時間をかけて徐々に破壊され、およそ3ヶ月かけて体外へと排出されます。 施術時間が非常に短いことも特徴で、ビジネスウーマンや家事に忙しい主婦にも向いている施術法と言えます。 体のどの部位でも施術が可能ですが、特に腹部や脇腹の脂肪吸引に適しています。

デザイン痩せも可能!
「アプリケーター」と呼ばれる網目のような器具を体に装着し、直接レーザーが自動照射される仕組みです。 アプリケーターは、配置や組み合わせが自由。痩身後のボディデザインは、アプリケーターの装着具合に沿ったものになります。たとえば、「腹部全体から脂肪を適度に減らしつつ、ウエスト部分は特に細くしたい」などといった要望にも応えることができます。 なお、切らない脂肪吸引は、一般に内出血の跡が悩みの種にもなりますが、スカルプシュアは一切の施術痕を残しません。そのため「ダウンタイムのない脂肪吸引」と言われることもあります。

スカルプシュアのメリット

施術時間はわずか25分
施術時間は1回あたり25分。半日がかり、1日がかりとなる「切る脂肪吸引」とは比較にならないことはもとより、他の「切らない脂肪吸引」と比べても格段に短い施術時間となっています。仕事帰りでも気軽に治療を受けられます。
細かいデザイン痩せが可能
アプリケーターの配置や組み合わせによって、自由な形に痩せることが可能です。腹筋や二の腕など、デザインが難しい部位でも理想の形に安定させることができます。
内出血がない
照射されるダイオードレーザーは、血管を傷つけることがありません。そのため、他の「切らない脂肪吸引」で見られるような内出血も起こらず、青アザも生じません。そのため、治療直後から肌を露出する服装など、ファッションを自由に楽しむことができます。

スカルプシュアのデメリット

脂肪が減るまでに時間がかかる
脂肪が減ってきたことを実感するまでに、およそ3週間程度かかります。その後さらに脂肪が減っていき、安定するまでに2~3ヶ月程度を要します。他のほとんどの脂肪吸引も同様ですが、すぐに痩身効果を実感したいという方には向いていません。
複数回治療を受ける必要がある
一度の治療では、脂肪の24%しか減少しないと言われています。完璧に脂肪を溶解させたい場合には3回程度の通院治療は必要となります。仕事を持っている方などは、あらかじめ通院の予定を立てておくことが必要です。

手術後のケア方法

基本的には制限なし
スカルプシュアは、「ダウンタイムのない脂肪吸引」とも言われています。脂肪を溶解するためのダイオードレーザーには、皮膚や血管、筋肉などを傷つける能力がないため、ヤケドや内出血などが起こることはありません。部分的に知覚が麻痺することもありますが、ほどなく元に戻ります。施術の当日から普段通りの生活に戻っても、なんら問題のない治療法です。

スカルプシュアを受けた人の体験談

ゆっくりだけど確実に効果が出るし、治療後がラクチン!
スカルプシュアが紹介されているのをテレビで見て、受けてみることにしました。
痛みはなく、レーザーが当たるとちょっと温かく感じるくらいでした。
治療の時間も短く、30分もかからずあっという間に終わり、治療後も内出血や腫れが出ないのでとてもラクでした。
受けてから1ヶ月ほどですが、お腹まわりがスッキリしてきたのがわかります。
はっきりとした効果が感じられるので、他の部位も治療を受けたいなと思っています。

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop