リポセルとは

リポセル

痛みを最小限に抑えつつ照射パワーを強化!

リポセルは、皮膚を傷つけることなく皮下の脂肪細胞のみを破壊する最新の機器。特殊な超音波(HIFU)を照射することによって、希望の部位の脂肪を減らすことができる「切らない脂肪吸引」の一つです。超音波を照射するヘッドには強力な冷却装置がついているため、施術中の痛みを最小限に抑えつつ照射パワーを強力にすることが可能。前立腺がんの治療にも同種の原理によるマシンが使われているなど、安全性・信頼性の高い脂肪吸引装置になります。

イメージは「ライポソニックス+冷却装置」
リポセルは、切らない脂肪吸引の代表的なマシン「ライポソニックス」と同じ原理に基づく機器。安全性の高い超音波の照射によって、脂肪細胞を徐々に破壊していくというものです。ライポソニックスと大きく違うのは、それが「強力な冷却装置」が搭載されているという点。この冷却装置のおかげで、治療中の痛みを緩和するだけでなく、照射パワーをより強くすることも可能になりました。機器が新しいため症例数は多くはありませんが、同様の原理による機器は医療現場で多く使われているため、安全性に問題はありません。

リポセルのメリット

基本的に施術は1回でOK
冷却装置が搭載されたことで脂肪細胞の破壊パワーを強くできるようになったため、基本的には1回の施術だけで理想のプロポーションを手に入れることが可能です。
施術時間は1時間
わずか1時間の施術で終了します。複数回の施術も必要ないため、忙しい方などには向いた脂肪吸引と言えます。
施術後はすぐに普段通りの日常生活に
施術直後から、生活は普段通りに戻して構いません。仕事や学校を休む必要もないので、同僚や友人、ひいては家族にすら怪しまれることもないでしょう。
医師の技術力の差が現れにくい
機器の操作はさほど難しくはないため、切る脂肪吸引に比べて、医師の経験値や技術力、センスによる結果の差は現れにくいと言われています。

リポセルのデメリット

効果を実感するまでに時間がかかる
施術の効果を実感するまでに、およそ3ヶ月の期間を要します。よって、たとえば「来週の海水浴までに痩せたい」という方には向いていません。
施術後しばらくは内出血が残る
施術後、約2週間は内出血の跡が残ってしまいます。肌を露出しないような服装をしておくほうが無難でしょう。
症例数が多くはない
リポセルは脂肪吸引の最新機器の一つなので、導入しているクリニックも限られており、症例数は多くはありません。ただライポソニックスと同じ原理なので、リスクや効果等はだいたい推測が可能です。

手術後のケア方法

基本的には制限なし
脂肪吸引手術を行なった後とは言え、メスを入れたわけでもなく、また大きな痛みが残る例もほとんどないので、生活上の制限は特にありません。まさに「施術直後」から普段通りの生活に戻ることができます。ただし、痛みが残っている場合や内出血が著しい場合には、激しいスポーツなどは避けておいたほうが良いでしょう。

リポセルを受けた人の体験談

効果が大きく、実感も早かったです!
足の太さと加齢でたれ気味になってきたお尻に悩んでおり、リポセルの施術を受けてみることにしました。
痛みがあるのかなと思っていましたが、少し熱いと感じる程度で、痛みというほどのものはありませんでした。
2週間ほどで効果が表れたように感じ始め、6週間経った今は鏡で見ても細くなったのがわかりますし、パンツなどを履くときに明らかな違いを実感しています。
痛みが少なく効果が表れるのが早い!
お腹の部分にリポセルを受けてみました。
以前ライポソニックを受けたことがあったのですが、こちらには冷却機能があるということで痛みはずいぶん軽減されていたように思います。
我慢できないようなものではありませんでした。パワーも強いということで、1週間ほどで効果が表れたのを実感できました。

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop