脂肪吸引徹底調査TOP > 切らない脂肪吸引方法 > 筋肉を増やして脂肪を減少させる「エムスカルプト」について

エムスカルプトとは

エムスカルプト 引用元:SUEクリニック銀座公式HP
(http://sue-clinic.com/emsculpt.html)

筋肉を収縮させて脂肪燃焼を促す医療機関専用の痩身マシン

「エムスカルプト」は、HIFEMと呼ばれる高密度焦点式電磁エネルギーを使用した医療機関専用の痩身マシンです。

MRIと同じレベルの強力なエネルギーで筋肉へアプローチし、1回の照射で2万回ほど筋肉が収縮するよう促します。筋力トレーニングでは得られないほどの刺激を筋肉に与え、筋肉を大きく成長させてくれるのが特徴。皮下7cmまで届くため、深くかつ広範囲の筋肉を効率良く鍛えられるのが魅力です。厚い脂肪で覆われているお尻の筋肉にもHIFEM電磁は届くので、ヒップアップが期待できるでしょう。

筋肉量が増えることでエネルギーが多く使われ、代謝が促進されます。脂肪が溶解し、分解された脂肪細胞は数週間かけて体の外へ排出されることで痩身効果が得られるマシンです。

エムスカルプトのメリット

効果を実感しやすい
筋肉と脂肪の両方へ同時にアプローチできるため、早い方であれば施術を受けた後に効果を実感し始めるのだそう。通常は2~4週間経つと少しずつ効果が表れ、さらに数週間は効果を実感し続けるでしょう。性別、年齢、体重、体系に関係なく受けられ、医師が一人ひとりに合った設定で施術を実施してくれます。
最後の施術から3~6ヵ月後まで効果が持続
1回30分の施術を1~2週間隔で行なわれます。1回で効果を実感する方はいますが、4回1クールを目安に最終の施術から3~6ヵ月後まで効果が持続すると言われています。
照射しても熱くならない
エムスカルプトは電気を筋肉へ流す痩身マシンとは異なる非加熱式の医療機器なので、加熱によるやけどは起こりません。加熱しないので冷却も不要です。組織を傷めないため、皮膚のゆるみや内出血のようなリスクがなく、ダウンタイムもほとんどありません。

エムスカルプトのデメリット

受けられる部位が限られている
どんな体型の方でも施術は受けられますが、エムスカルプトが対応している部位はお腹・お尻に限られています。クリニックによっては大腿部も受けられるケースもありますが、全身の部位に対応していないため、全身、二の腕などが気になる方は他の痩身マシンまたは脂肪吸引を受ける必要があります。
施術を受けられない条件が多い
腹筋に強力なエネルギーをあてて筋肉を収縮させるため、妊娠中の方は受けられません。またMRIと同レベルの磁力が用いられていますので、施術部に電気系・除細動器・神経刺激器・金属のインプラントがある、薬物ポンプが入っている、抗凝固治療中・薬剤服用中である、心臓病・悪性腫瘍・癲癇があるなど、施術を受けられない体調の条件があります。利用できるか気になる方はカウンセリングで事前に医師へ相談しましょう。

エムスカルプト
やせるメカニズム

エムスカルプトでやせるメカニズム

     
HIFEM(高密度焦点電磁)エネルギーで筋肉を収縮
MRIで用いられる磁力の強さ1.5テスラよりも強い、1.8テスラほどの電磁エレルギーが用いられています。そのため対象の筋肉組織に照射すると、通常の運動やトレーニングでは得られない強力な筋収縮「超極大筋収縮」を引き起こすことが可能です。
筋肉を成長させることで脂肪をへらす
1回30分の施術で約2万回筋肉を収縮するよう刺激します。強力な収縮が行なわれることで筋肉を構成する筋原線維の成長を促し、新しい筋繊維が生成されるようになるのです。強力な筋収縮を起こるかつ筋肉量が増えると、脂肪細胞へ運動時よりも高速な代謝が促され、脂肪が溶解し始めます。
脂肪細胞はこの代謝スピードについていけず、アポトーシス効果と呼ばれる細胞の機能停止が引き起こされて脂肪細胞が破壊され、脂肪が減少していく仕組みです。脂肪を施術で取り除くのではなく、筋肉の密度・ボリュームがアップし成長することで、脂肪を減らしていきます。
皮膚を傷つけないアプローチができる
脂肪細胞を壊すために凍らせる・患部を温める・焼くの方法を取り入れている痩身マシンとは違い、エムスカルプトは非加熱式の医療機器です。患部に電気を通さないため、ヤケド・内出血・皮膚のゆるみといった皮膚を傷つけるようなリスクはありません。組織を傷めないので、回復期間を必要としないのが特徴です。

参考サイト

エムスカルプト公式HP

ダウンタイムと副作用

ダウンタイムと副作用

副作用はほとんどなし
エムスカルプトの施術を受けたことによる副作用はほとんどありません。そのため幅広い年齢層の方が受けられる施術です。ダウンタイムもないため、特に運動制限や入浴制限もありません。
軽い筋肉痛を感じることも
人によっては数日後に運動をした後にやってくる筋肉痛のような症状が出る場合もあります。症状が現れたとしても軽いものなので、1週間もあれば副作用は収まるでしょう。筋肉痛のほか、関節や腿への一時的な痛み、機器をあてた箇所に現れる赤みなどが出るかもしれません。
エムスカルプトを受ける回数が増えてくると、身体が慣れて筋肉痛を感じなくなることもあるそうです。個人差があるので、気になる場合は医師に相談するようにしましょう。

手術後のケア方法

手術後のケア方法

術後のケアはなし
特に行なうべきケアはありませんが、推奨されているのは、適度な運動や栄養バランスが考えられた食事を摂ることです。エムスカルプトによって発達した筋肉は、放っておくと衰えていきますが、腹筋やスクワットなどの軽い運動を行なうとキープできる期間が長くなると言われています。
あくまで推奨されているケアなので、運動を行なわなくても問題はありません。忙しくてなかなか運動する時間が取れない方は、数ヶ月おきにエムスカルプトを受けると良いでしょう。

エムスカルプトを受けた人の体験談

ぽっこり感がなくなった印象を受けました

筋肉を機器で強制的に動かし、1回の施術で2万回の腹筋効果が期待できると言われる「エムスカルプト」の施術を受けました。折角なら出力最大レベルを受けることに。お腹をポコポコ叩かれるため痛みは多少あるものの、突っ張る感じはありません。

施術直後では見た目の変化をあまり感じませんでしたが、1週間経った頃からお腹まわりのぽっこり感が若干なくなった印象を受けました。

施術を受けた初回は腹筋上のほうに筋肉痛を感じていましたが、3回目からは特に筋肉痛を感じることはなかったです。

1回30分を受けたら腹筋が程よくグッタリ

お尻とお腹を選べますが、まずはお腹を試してみました。アイロンみたいな形をしたマシンが、お腹に2ヶ所固定されて照射スタート。3つの動きがあって、そのうち1つは腹筋を内側から絞られる感じで刺激がきつかったです。少しずつパワーを上げてもらったところ、比例してねじりが強くなりますね。息をフーっと吐くと和らぎました。

終わるころには腹筋がグッタリ…。数日は筋肉痛がありますが、刺激されている範囲が分かる程よい筋肉痛といった感じです。1ヶ月後に2回目を受け、少しずつ筋力が変化してきた気がします。

エムスカルプトができる部位

施術を受けられる部位は、お腹とお尻の2ヶ所。身体にあてる機器が大きいため、足や腕への施術には向いていません。機器を2つあてて施術を行なうのですが、小柄な方は2つ同時に機器をあてることができないため、人によっては1つの機器をつかって施術が行なわれる可能性があります。

エムスカルプトは1回では効果を得られにくいので、複数回の施術が推奨されています。

「エムスカルプト」が受けられるクリニックリスト

色々なクリニックでエムスカルプトを受けることができますが、料金や回数が異なる場合があります。痛みは多少ある施術のため、経験豊富なクリニックで選ぶのも良いでしょう。

自分に合ったクリニックは何かを知るために、エムスカルプトが受けられるクリニックを調べてみることをおすすめします。

【本サイトについて】

・ランキングは施術の種類や口コミなど独自調査によるもので、クリニックに優劣をつけるものではありません。
・本サイトは切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引の基礎知識やクリニック情報を網羅して情報提供することが目的であり、特定のクリニックへの誘導を目的とはしておりません。

【副作用について】

・すべての治療にはリスクおよび副作用の可能性があります。治療を受ける際は、ご自身で施術内容の詳細やダウンタイムなどをリサーチの上、ご検討ください。
・医療機器名、施術料金、治療期間、ダウンタイム、副作用、痛みなどは公式サイトなどを参照元として作成しています(2019年6月現在)。最新の情報は各クリニックの公式サイトでご確認をお願いいたします。

PageTop