脂肪吸引徹底調査TOP > 切らない脂肪吸引方法

人気と効果が高い切らない脂肪吸引

切らない脂肪吸引ならコレ!おススメの治療方法とは
メスなど使わないで脂肪吸引ができるということで、注目を集めている「切らない脂肪吸引」。
切る方法に比べて体への負担も軽く、最近では技術の進歩で痩身効果もレベルアップしてきました。ここでは、切らない脂肪吸引方法の中から、人気と効果が高い治療方法をいくつかご紹介。

切らない脂肪吸引とは

「切らない脂肪吸引」は、その名の通り体にメスを入れることなく体内の脂肪を除去することができる手術方法です。一言で「切らない脂肪吸引」といってもその方法はさまざまで、代表的なものとしてはウルトラアクセントやリポセル、脂肪溶解注射などがあげられます。

例えばウルトラアクセントは、超音波を脂肪が気になる部分に当てて脂肪細胞にアプローチすることで、脂肪を溶解して体外に排出するという方法です。溶解された脂肪は時間をかけて体外に排出されていきます。溶解ではなく、脂肪を凍らせて分解し、体外に排出する方法として「リポセル」があります。リポセルは特殊なマシーンを使用して脂肪を凍らせ、その後体外に排出させる施術です。リポセルは切らない脂肪吸引の中でも効果が出やすいと言われていて、1回の施術で効果を感じる人もいて、信頼性の高い施術の一つになります。

ほかにも切らない脂肪吸引にはいろいろな方法がありますが、どれを受けるか悩んでいるのであれば、効果や価格などによって自分に合った方法を選ぶのが望ましいです。病院によって取り扱っている施術が異なりますので、病院を先に選び、そこで行なっている施術を受けるという人もいます。

参考:脂肪をターゲットとしたレーザー治療[PDF]

切らない脂肪吸引のメリット

切らない脂肪吸引のメリットは、やはり体にメスを入れる必要がないため、負担が小さいという点です。メスを入れる際には麻酔を用いるので、体への負担が大きく、またダウンタイムも長いので、日常生活に支障をきたす可能性があります。

しかし切らない脂肪吸引であれば、若干のダウンタイムはあるものの、日常生活に大きく影響を及ぼすことがないので、手軽に受けられるという点は大きなメリットです。また、切らない脂肪吸引では脂肪を凍らせたり、分解してから体外に排出されるまでに一定の時間を要します。このため、効果が出るまでに時間がかかることがあり、即効性がない点はデメリットとも言えますが、メリットと捉えることもできるのです。それは、「周囲の人に脂肪吸引を行なったと気づかれにくい」ということ。少しずつ脂肪が体外に排出されれば、一般的なダイエットをしたという印象を与えることができます。

美容整形を受けることは、できるだけ秘密にしたいもの。周囲にバレにくいというのはメリットだと言えますよね。そのほか、切る脂肪吸引と比較すると価格が安価な施術が多く、手軽に受けることができる点も、切らない脂肪吸引のメリットの一つです。

切らない脂肪吸引の注意点(デメリット)

切らない脂肪吸引を受けるにあたり理解して置きたい点は、メリットと重複している点になりますが、「効果が出るまでに時間がかかる」という点です。

切る脂肪吸引とは違って脂肪が体外に排出されるまでに、長いと1ヶ月以上の時間を要する場合がありますので、即効性を求める人には適さない施術だと言えます。また、時間の経過を待っても思ったような効果が得られない場合もあり、100%確実に理想通りの脂肪吸引が行えないという点は理解しておく必要があります。

もちろん切る脂肪吸引でも理想通りのボディラインになるとは限らないのですが、効果の表れ方は切らない脂肪吸引のほうがかなり小さいのは確かです。さらに、著しい効果が表れない場合を考えると、切る脂肪吸引よりも価格は安価ですが、効果を含めると割高に感じる人もいるようです。脂肪がたくさんある人は特に思ったような効果が表れないので、思い切って切る脂肪吸引をしてしまったほうがよかったのでは、と思ってしまう様子。

体に負担がかからない分、顕著な効果が見られないとなると、どちらを選べばよいか悩んでしまいますね。どの程度の効果を求めるかによって、ドクターと相談した上で切る脂肪吸引を受けるかどうかを検討する必要がありそうです。

ライポソニックス

ライポソニックス 引用元:松田知子皮膚科医院公式HP
(http://matsuda-d.com/method/liposonix.html)

痩身効果がトップクラスの治療器「ライポソニックス」

「ライポソニックス」とは、最先端技術により1cm幅の脂肪層を切らずに破壊していく、切らない脂肪吸引方法の一つです。皮下脂肪が2.5cm以上ある人に適応している治療方法で、今ある切らない脂肪吸引治療器の中でもその効果はトップクラスです。デザイン性にも優れていて、任意の形をつくることも可能です。

「ライポソニックス」の施術は、セオリークリニック、クロスクリニック、リッツメディカルクリニックで受けることができます。脂肪に高い熱を加え脂肪細胞を破壊して体外に排出するというこちらの施術は、リバウンドしにくく狙った脂肪をピンポイントで除去できる点が魅力です。料金はクリニックによってさまざまですが1エリアを約5cm×5cmほどの範囲とし、約16,000円前後で施術可能です。

ライポソニックスについて詳しく見る

ゼルティック

ゼルティック 引用元:ももスキンケアクリニック公式HP
(http://momo-scc.jp/treatment/zeltiq.html)

凍らせることで脂肪細胞を破壊する「ゼルティック」

「ゼルティック」とは、脂肪が水よりも凝固する温度が高いという特性を利用して、脂肪を冷却し凍らせることで脂肪細胞を破壊し、体外へ排出させていく切らない脂肪吸引方法の一つです。切る脂肪吸引に比べて体へのダメージは少ないですが、術後には筋肉痛のような痛みが生じ、その程度には個人差があります。

ゼルティックの施術は、セオリークリニックとリッツメディカルクリニックで施術を受けることができます。脂肪細胞を凍らせて破壊し、体外に排出するこちらの施術は手のひらサイズで約60,000円の料金設定のところが多いようです。また、ゼルティックは切らない脂肪吸引の中でも痛みが少ないとされ、手軽に施術を受けられることからも人気があります。

ゼルティックについて詳しく見る

ウルトラアクセント

ウルトラアクセント 引用元:サフォクリニック公式HP
(http://sapho-clinic.com/face/ultra-accent-face.html)

超音波と高周波で脂肪細胞を破壊「ウルトラアクセント」

「ウルトラアクセント」は、超音波で脂肪細胞を破壊し、高周波で破壊した脂肪を体外へ排出していく、切らない脂肪吸引方法の一つです。特殊な横波の超音波を採用することで、脂肪細胞以外の組織にダメージを与えることがなくなり、高出力での照射が可能となったため高い痩身効果をあげることができるようになりました。

「ウルトラアクセント」は、リッツメディカルクリニックと有楽町美容外科クリニックで施術を受けられます。脂肪細胞を超音波で破壊するこちらの施術は、切らない脂肪吸引の中でも比較的費用が安価で、10cm四方につき約8,000円で施術が可能です。ちなみに、有楽町美容外科ではまとめて受けることで割安になるプランも用意しているので、しっかり痩身効果を得たい人はプランの利用がお得だと思います。

ウルトラアクセントについて詳しく見る

ウルティマアンサンブル

ウルティマアンサンブル 引用元:セオリークリニック公式HP
(https://theory-diet.com/treatment/ultima/)

溶かす・排出する・引き締める「ウルティマアンサンブル」

「ウルティマアンサンブル」は、2つの超音波と2つの高周波の組み合わせで、部分痩せをパワフルに行っていく切らない脂肪吸引方法の一つです。これまでの治療方法ではできなかった「溶かす」「排出する」「引き締める」を3つ同時に行うことを可能にした、画期的な痩身マシーンであると言えます。

「ウルティマアンサンブル」は、セオリークリニックで施術可能です。特殊なマシーンを使用して脂肪にアプローチすることで、脂肪細胞を溶かして体外に排出していきます。顔痩せに利用されることが多いと言われているこちらの施術は、30cm×10cmの面積で約40,000円で受けられます。また、セオリークリニックでは、まとめて受けると割安になるプランを用意しています。

ウルティマアンサンブルについて詳しく見る

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射 引用元:LUNAメディカルビューティーセンター公式HP
(http://www.luna-clinic-mbc.jp/499/)

注射で脂肪を分解していく「脂肪溶解注射(メソセラピー)」

「脂肪溶解注射(メソセラピー)」は、脂肪を分解する作用を持った薬剤を機になる部分に注射し、脂肪の溶解と排出を促す切らない脂肪吸引方法の一つです。治療法の中で最も簡単で、部分痩せに適しており、ヨーロッパを始めとした世界19カ国で広く認められている、痩身法の中でもポピュラーな方法です。

「脂肪溶解注射」は、セオリークリニックやリッツメディカルクリニック、加藤クリニック、有楽町美容外科クリニックで施術を受けられます。脂肪溶解注射にはいろいろな種類があり、ここでご紹介しているクリニックではBNLS neoやFatXという脂肪溶解注射を導入しているところが多いようです。脂肪溶解注射を打つことで脂肪細胞が破壊され、溶解された脂肪は尿となって排出されます。料金はクリニックによって違いがありますが、手のひらサイズで約16,000円前後に設定されています。

脂肪溶解注射について詳しく見る

ウルトラキャビテーション

ウルトラキャビテーション 引用元:恵聖会クリニック公式HP
(https://www.keisei-cs.com/medical-treatment/cavi.html)

超音波によるキャビテーションを利用した
「ウルトラキャビテーション」

「ウルトラキャビテーション」は、超音波を照射することで起こるキャビテーション(空洞現象)を利用して、脂肪細胞やセルライトを破壊していく痩身方法です。手術・薬剤・化学物質を使用しないため安全性も高い治療法なのですが、ベースメーカー使用者や妊婦さんなど、施術を受けられないケースの人もいます。

ウルトラキャビテーションは、新宿美容外科クリニックなどで施術を行なっています。超音波で脂肪細胞を破壊し、体外に排出する施術で、ほかの施術と組み合わせることでより高い効果が得られるようです。費用は1回20,000〜30,000円ほどで設定されています。

ウルトラキャビテーションについて詳しく見る

リポセル

リポセル 引用元:水谷皮フ科クリニック公式HP
(http://mizutani-hifuka.com/treatment/lipocel.php)

冷却装置で痛みを少なくした
「リポセル」

リポセルは特殊な医療用超音波HIFUを用いた治療器です。通常、HIFUは脂肪細胞を収縮させ破壊するので治療には痛みが伴いますが、リポセルは超音波の照射ヘッドに冷却装置を搭載しており、従来よりも痛みが大幅に減少しています。パワーも強く施術時間も短く済むので、痛みが苦手・忙しく時間が取りづらい人に適しています。

「リポセル」は、セオリークリニックやクロスクリニックで施術を受けられます。特殊な超音波を用いて脂肪を分解し、体外に排出する施術となり、瞬間冷却することで痛みを軽減するのがリポセルの特徴です。リポセルは1回の施術範囲が3cm四方と小さめですが、1回8,000円前後と比較的安価なので、切らない脂肪吸引を試してみたいという人におすすめの施術になります。

リポセルについて詳しく見る

スカルプシュア

スカルプシュア 引用元:さくらビューティクリニック公式HP
(http://www.sakura-beauty.com/body/sculpsure/)

超音波によるキャビテーションを利用した
「スカルプシュア 」

「スカルプシュア」は、ダイオードレーザーで脂肪細胞を溶解させる治療器です。照射を受けた脂肪細胞が溶解するのに時間はかかりますが、施術で皮膚を傷つけることなく内出血なども残らないため、施術後すぐに露出の多いファッションなどが可能。痕が残らず効果も緩やかなので、家族や知人に気づかれることもありません。

「スカルプシュア」は、セオリークリニックやクロスクリニックで施術可能です。特殊なレーザーで脂肪を溶解し、体外に排出します。皮膚に熱が生じることなく、脂肪にのみ熱が当たるので、肌に負担をかけない点が特徴です。リポセルの費用は3cm四方で8,000円前後が一般的です。

スカルプシュアについて詳しく見る

リポコントラスト

リポコントラスト 引用元:セオリークリニック公式HP
(https://theory-diet.com/treatment/lipo_contrast/)

部分痩せに特化した全く新しい痩身マシーン
「リポコントラスト」

「リポコントラスト」は局所的に脂肪を減少させる冷却療法を進化させた、最新の痩身マシーンです。リポコントラストのメリットとしては、1回の施術で脂肪組織の約30%を除去することが可能なところ。スピーディで身体への負担が少ない施術の一つになります。なお、セオリークリニックは日本で初めてリポコントラストを導入した実績があります。

「リポコントラスト」は、セオリークリニックで施術可能です。脂肪への加熱と冷却を両方行う施術方法で、より効率的に脂肪細胞を破壊します。リポコントラストは大きめのヘッドで約40,000円前後です。

リポコントラストについて詳しく見る

サーマクールCPT

サーマクールCPT 引用元:社会医療法人 全仁会 倉敷平成病院 総合美容センター公式HP
(http://www.heisei.or.jp/beauty/cosmetic/equipment/thermacool)

フェイスラインの引き締めと美肌効果が期待できる
「サーマクールCPT」

サーマクールCPTは、メスを使わずに高周波を使って、肌のたるみやしわを引き締めるマシンです。サーマクールCPTで照射する高周波は、お肌の深くにある真皮層まで届きます。肌の深くに届いた高周波は、その熱作用で、肌をぎゅっと収縮させ、縦・横・斜めの方向に引き締めるのです。

その結果、ふっくらとしたフェイスラインをすっきりさせる顔痩せ効果が期待できます。さらに、高周波を照射した施術直後からお肌の線維芽細胞が活性化するので、3ヶ月以上もの間、新しいコラーゲンが生み出されていきます。それにより、肌のターンオーバーが促進し、ハリやツヤが出る美肌効果が得られます。

サーマクールCPTは高周波を断続的に照射するため、熱による痛みの軽減が実現したマシンです。また、照射と同時に振動を加えることでも刺激を分散し、痛みを感じにくくしています。もちろん、照射と同時に冷却する機能も搭載。従来のサーマクールに比べて、肌へのダメージや痛みを抑えた施術です。

サーマクールCPTについて詳しく見る

スーパーテノール

スーパーテノール 引用元:新宿美容外科クリニック公式HP
(http://www.shinjukubiyou.com/menu/face/wakagaeri/tenor-lift/)

代謝をアップさせてセルライトを除去
「スーパーテノール」

たるみを改善する効果のある高周波マシンの中でも長い波長を持っているスーパーテノール。周波数が長ければ長いほど、肌の奥深くに高周波が届きます。スーパーテノールの特徴は、リンパの流れや血液の流れを促進し、代謝をアップさせること。それにより、体内にある老廃物や脂肪が排出されやすくなるので、セルライト除去にも効果的です。

また、スーパーテノールの高周波には、熱でたんぱく質を縮める働きがあります。熱で縮んでしまった肌細胞は、新しいコラーゲンを生成するため、フェイスラインを中心に、強い引き締め効果も得られます。スーパーテノールは、効果がゆるやかで、肌へのダメージも少ない施術。施術を重ねるほど、肌質が改善されていきます。

スーパーテノールについて詳しく見る

プラズマリポ

プラズマリボ 引用元:SURGYLINE HP
(https://www.surgyline.pt/produtos/plasma-light)

プラズマの力で部分痩せ
「プラズマリポ」

プラズマリボは体に負担をかけることなく、脂肪を体の外へと排出することができる痩身マシンのひとつです。日本人医師と医療レーザーメーカーのジェイシス社のテクノロジーを合わせたことによって生まれました。

0.4~0.6mmの極細のファイバーを肌に挿入。そこからプラズマ光線を照射し、脂肪を溶かして、体の外への排出を促していきます。プラズマ光線は360度に当てることができるので、ピンポイントで脂肪に働きかける痩身マシンより、多くの脂肪に照射が可能です。プラズマが脂肪を溶かして、美しいボディラインへと導きます。

プラズマリポのプラズマは、コラーゲンの生成を促すため、美肌効果も期待できます。施術後のダウンタイムがほとんどないため、ほほやアゴといった部位にも施術可能。フェイスラインを引き締めたいという方にもおすすめです。

溶かされた脂肪は2~4ヶ月かけて、体の外へと排出されていくので、急激な変化がありません。施術を受けたことがバレたくないという人におすすめです。施術は局所麻酔によって行われるので、痛みを感じることもほとんどないでしょう。

プラズマリポについて詳しく見る

切らない脂肪吸引でよく聞く「キャビテーション効果」とは

切らない脂肪吸引に属する医療機器の説明の中でよく出てくる言葉に、「キャビテーション」という専門用語があります。そもそものキャビテーションとは空洞現象を表す物理学の用語なのですが、医療機器のメカニズムを説明するときに頻繁に活用されるようになった言葉です。

俗に言う「キャビテーション効果」とは、超音波によって細胞を破壊して、脂肪細胞そのものの数を減らすことによって痩せる効果のことを指します。医療機器としてのルーツは痩身目的ではなく、がん治療を目的としたものでした。痩身の場合、がん細胞に代わるターゲットは脂肪細胞ということになります。

照射する部位を限定できることから、痩せたい場所を狙い撃ちできる医療機器として超音波による切らない脂肪吸引の施術は人気が高いですが、切る脂肪吸引と比較すると、その効果は2~3ヶ月かけてゆっくりと現れるという特徴があります。したがって短い時間で着実に成果を得たい場合は、ほかの治療法を選択すべきかもしれません。

参考:聖心美容クリニック公式HP:キャビテーションシェイプ

切らない脂肪吸引でトラブルはないの?

痩身用の医療機器はパワーがあるためそのメカニズムを熟知した医師や専門家の指導に基づいた施術が必須条件となりますので、切らない脂肪吸引の施術によるトラブルはあまり報告されていません。

エステサロンでも同様のメカニズムをうたった痩身マシンがありますが、基本的には医療機器と異なりパワーが弱いもの。脂肪細胞にダメージを与え、手技でセルライトを潰して代謝を促すというメニューになります。

ただ気をつけなければいけないのは、エステサロンでの痩身メニュー。正規品ではない粗悪な痩身マシンを使用して本来であれば傷つけてはいけない神経に損傷を与えてしまうなどのトラブルが報告されています。

最近人気を集めている医療機器に「HIFU」(強力集束超音波)というシステムのものがありますが、エステサロンの施術でこのHIFU機器によるトラブルの報告が上がっています。

国民生活センターによれば、エステサロンでHIFUの仕組みを採用した痩身の施術を受けた会社員の女性が重度の熱傷を受けたり、顔に傷が残ってしまったりという事例が複数報告されているといいます。

どのような治療行為にも同じことが言えるのですが、まったくリスクのない治療や施術というのはほとんどありません。とくにエステサロンで劇的効果をうたったメニューには注意が必要です。少なくとも美容クリニックなどの医療機関であれば、こうしたトラブルは避けられるはず。格安クーポンやキャンペーンに踊らされることなく、安全を最優先してくれる医療機関で切らない脂肪吸引の施術を受けることをおすすめします。

参考:独立行政法人国民生活センター公式HP:エステサロン等でのHIFU機器による施術でトラブル発生!ー熱傷や神経損傷を生じた事例もー

切らない脂肪吸引クリニック・病院ランキング

切る脂肪吸引クリニック・病院ランキング

PageTop