Q&Aでわかる「切る・切らない」初めての脂肪吸引ガイド よくある質問

安心して施術を受けるために、脂肪吸引の疑問に分かりやすくお答えします。

Q:施術後、腫れや痛みはありますか?

A:脂肪吸引は、体がもともと持っていたものを取り除く施術ですから、痛みや腫れ、違和感が全くないとは言い切れないのが本当のところですね。

切らない脂肪吸引の場合

切らない脂肪吸引は、さまざまな機器を使って体の中で脂肪細胞を溶かして自然に排出させるタイプの施術です。
メスを入れるわけではありませんので、傷の痛みや腫れなどはありません。
ただし、施術中の熱や痛み、違和感を感じることはあるようです。

切る脂肪吸引の場合

切る脂肪吸引では、体の目立たない部分に数ミリ~センチですが器具を挿入するための切開をする必要があります。そのため、切開部の痛みがしばらくあるようです。
また、体内の脂肪細胞に直接働きかけて一気に吸い出しますから、麻酔が切れると少なからず痛みがあります。
筋肉痛のような痛みと表現され1週間程度は続く人もいますので、処方された鎮痛剤を服用したり圧迫サポーターやテーピングの使用で楽になるようです。施術法によっては、数日間は日常生活が辛く感じることがあるかもしれませんね。ただし、我慢できないほどの痛みが続く場合は、医師に相談してください。

Q:どういうリスクがありますか?失敗することもありますか?

A:どんな施術も100%安全とは言い切れません。リスクがあることを理解した上で受けるのが大前提といえるでしょう。

切らない脂肪吸引の場合

切らない脂肪吸引は、直接脂肪細胞を吸い出すわけではないので、効果が見られないという人もいるようです。
また、施術を行った部位が黒ずんだり、いびつな形になってしまったなどの例もあります。
これらは、施術を行う医師の技術にも左右されますので、信頼できるクリニックを選ぶことも成功の秘訣と言えますね。

切る脂肪吸引の場合

切る脂肪吸引では、さまざまなリスクや失敗が報告されています。例えば、脂肪を取り除き過ぎたり適切に除去できずに凹凸が残ってしまった、皮膚のたるみが目立つようになった、思ったほど効果が表れていないなどがあります。
貧血が起こりやすくなるという報告もされています。
また、使用する麻酔による事故や麻痺などの後遺症、ショックや他の組織・臓器を傷めたりすることによる死亡事故も過去には例があります。
現在は最新の注意を払って施術を行っているためこういった事故はかなり少なくなりましたが、いずれにしても施術を行う医師の熟練と技術が必要であることは間違いありません。

Q:リバウンドはしますか?

A:脂肪細胞そのものを取り除く脂肪吸引ですが、リバウンドがないわけではありません。
意外に思われるでしょうが、リバウンドがないから脂肪吸引を選んだというのは誤りなのです。
実は、脂肪自体は体重の重さにはそれほど影響していません。脂肪吸引の目的は、体重の減少ではなくボディラインをきれいにすることだと考えるといいでしょう。
もちろん、脂肪細胞を吸引した部位に関しては、細胞そのものが減ったので太りにくくなります。

切らない脂肪吸引の場合

体外に排出されて減少した脂肪細胞は、もうそこに戻ることはありません。ただ、痛みもなく安心して快適な日常生活を送る中で、つい食べ過ぎや不規則な生活、運動不足に陥ってしまうと脂肪吸引をしていない部分の脂肪細胞にどんどん脂肪が蓄積されていきます。内臓脂肪や他の部分の皮下脂肪が増えていき、結果的にリバウンドを招いてしまいます。

切る脂肪吸引の場合

切る脂肪吸引においても切らない施術と同じく、リバウンドは起こります。
施術後の食生活や生活習慣に注意しなければ、本末転倒ということですね。
ただし、切る脂肪吸引をした人は、麻酔や痛みを伴う手術を受けているので大変な思いをした分これまで以上にボディの維持に努力する人も少なくありません。このような意識の変化も大きく関係してくるといってもいいですね。

Q:アフターケアは必要ですか?

A:脂肪吸引後のダウンタイムでは、アフターケアがとても大切です。
皮膚と筋肉の隙間を埋めていた脂肪を急激に取り除いたので、その部分ではさまざまな反応が起こります。それらを少しでも早く落ち着かせ良い結果を出すために、正しいアフターケアを確実に行いましょう。

切らない脂肪吸引の場合

基本的には、切る脂肪吸引と違いアフターケアもそれほど必要ないといわれています。
適切な運動と食事などに注意をして生活することが大切です。

切る脂肪吸引の場合

施術後は、麻酔が切れると痛みや腫れ、むくみが出てきます。これらの症状を緩和するために、圧迫を行います。
圧迫サポーターやテーピング、包帯などで圧迫することで症状の緩和だけでなく剥離した脂肪と筋肉や皮膚を圧迫によって密着させ新たな脂肪が付くのを防ぎます。
また、拘縮と呼ばれる皮膚の硬い凸凹を防止するためにマッサージやストレッチは必ず行いましょう。
これは体が修復しようとする反応ですので、怠るといびつに修復してしまう恐れがあります。
半年過ぎても元の柔らかい状態に戻らなければ一度受診することをおすすめします。

Q:脂肪吸引を受けられない人っていますか?

A:脂肪吸引は、さまざまなリスクを伴う手術です。そのため手術を受けられないケースもありますので、事前に必ず医師に相談しましょう。
一般的な点からいうと、未成年には施術は行いません。また体重コントロールがきちんとできない人、BMI数値の高い全身肥満の人には不向きと言えます。
なぜなら脂肪吸引は痩せることが目的ではなく、部分的なボディメイクを目的としているからです。

切らない脂肪吸引の場合

ゼルティック

クリオグロブリン血症患者、発作性寒冷血色素尿症患者は禁忌症とされています。
また、寒冷じんましん、循環器異常、レイノー病、妊娠または授乳中の人、施術部位の皮膚疾患や瘢痕のある人、施術部位にヘルニアのある人には注意が必要とされています。

ライポソニックス

妊娠中または授乳中の人、施術部位にヘルニアのある人に加えて皮下脂肪が2.5㎝未満の部位は施術できないことがありますので相談してください。

切る脂肪吸引の場合

基本的には、レイノー病、クリオグロブリン血症、施術部位に炎症や傷、皮膚炎がある人、施術部位に循環障害がある人、寒冷じんましん、ヘルニアがある人、妊娠中や授乳中の人は禁忌とされています。
また、血圧の高い人、糖尿病の人など生活習慣病のある人は、医師に相談することをおすすめします。
50歳以上の方の施術も避けた方がいいでしょう。

Q:何を基準にクリニックを選べばいいですか?

A:施術を受けるに当たって気になることの1つに費用があります。
実はクリニックによって費用の設定が異なり、かなりの差があります。
そんな時に気を付けてほしいのは、安い、高い、ということに重きを置くのではなく、まずは施術する医師について調べることをおすすめします。
クリニックによっては複数の医師が施術を行っているところもありますので、どんな先生が施術をするのかきちんと把握し、その経歴や施術経験、口コミなどもよく見て参考にしてください。
口コミサイトを参考にする際は、ひとつではなく複数を比較して判断するようにしましょう。

また、クリニック選びで忘れてはいけないのは、失敗したときの保障がしっかりしているか、デメリットやリスクなどの説明をきちんと行っているかということです。
そのクリニックが信頼できるか否かの目安となります。万一の時の連携病院なども確立されているクリニックならなお安心ですね。

このような条件と費用を照らし合わせたうえでクリニックを選ぶのが最も失敗の少ないやり方といえます。
また、受付や電話の対応なども大きなポイントです。
脂肪吸引は一度ではなく複数回受診する施術ですので、妥協せず納得のいくクリニックを選んでくださいね。

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop