脂肪吸引徹底調査TOP > 切る脂肪吸引方法 > 脂肪吸引でメリハリのある体型をつくり出す「ベイザーミケランジェロ」について

ベイザーミケランジェロとは

ベイザーミケランジェロ 引用元:あやべクリニック公式HP
(https://www.fukuoka-chuoh.com/shinryo/fat/fat01/)

立体的なボディデザインが可能な「ベイザーミケランジェロ」とは
「ベイザーミケランジェロ」は「ベイザーハイデフ」とも呼ばれている、ベイザー波を使用した脂肪吸引治療です。通常の「ベイザー」の能力に加えて、吸引した脂肪を他の部位に注入したりしながら、立体的なボディデザインを可能にしています。例えば女性であれば、ウエストの脂肪を減らして、それをバストやヒップに利用しながらメリハリのある体型をつくり出したりすることができます。
特徴立体的なボディデザインが可能
通常のベイザーと同じく高い脂肪除去率をそなえ、さらにその脂肪を他の部位に注入したりしながら立体的なボディデザインを可能としたのが、「ベイザーミケランジェロ」の最大の特徴と言えます。割れた腹筋や理想のメリハリなどをつくり上げることのできる脂肪吸引器です。

ベイザーミケランジェロのメリット

理想のスタイルをつくり出すことができる
脂肪の吸引と注入を同時に行うことができ、ボディデザインを立体的につくり出していくことができます。浅い部分や繊維質で硬くなったしい棒の除去も可能なため、通常の脂肪吸引ではつくることができなかった、割れた腹筋の形に脂肪を吸引することも可能で、引き締まった美しいボディをつくり出せます。

ベイザーミケランジェロのデメリット

認定ドクターだけが手術できる
これまでの脂肪吸引方法だけでは不可能だった、立体的なボディデザインを可能にした最新機器だけに、「ベイザーミケランジェロ」の施術には認定制度が設けられています。手術には高度な技術力が求められ、その認定を受けた医師にしか施術を行えません。それほどに難易度が高いため、失敗などのリスクも少なくはありません。

こんな人にオススメ!

こんな人にオススメ!

・ミケランジェロのようにメリハリあるボディを手に入れたい人
・モデルのようなスタイルになりたい人
・脂肪を減らしたいところと増やしたいところが両方ある人
・たるんだお腹を腹筋で割れたお腹にしたい人
・他の方法で効果を実感できなかった人
・安全な施術を受けたい人

ベイザーミケランジェロで
やせるメカニズム

ベイザーミケランジェロでやせるメカニズム

自分の脂肪なので定着率が高い
ベイザーミケランジェロは、吸引した脂肪を再び自らの身体へ注入してボディデザインを行う施術。注入するのは自分の細胞なので、副作用や拒絶反応も起こりにくく、定着率が高いのが特徴です。
その理由は、ベイザー波という脂肪細胞だけに働きかけ、乳化させる振動エネルギーにあります。ベイザー波は筋肉や血管などを傷つけません。乳化した脂肪は血液やその他の繊維細胞が混ざっていない純粋な脂肪として取り出せます。そのため、再度注入した際に拒絶反応が起こりにくいため、脂肪が定着しやすいのです。
効果の持続も半永久的なので、一度注入すれば理想のボディラインを維持できます。
ベイザー波と刃のないカニューレで美しく仕上げる
ベイザーミケランジェロでは、刃のついていない特殊構造の吸引管「VentX(国際特許取得)」を使い、脂肪を吸引します。血管や筋肉組織、神経を傷つけることがないため、体へのダメージが軽くなるのです。体への負担が軽いため、ダウンタイムも短くて済みます。
さらに、脂肪がなくなった後は自然治癒力により、内側から引き締まるので、皮膚のたるみや凹凸ができにくいのも特徴です。
医師のセンスとコミュニケーションが大切
ベイザーミケランジェロが他の脂肪吸引と違うのは、脂肪を体の外へと排出するだけでなく、吸引した脂肪を再び体内に注入することです。
男性であれば、たるんだお腹周りの脂肪を吸引し、腹筋や胸筋に注入することで、割れた腹筋を作り出すことが可能です。女性であれば、お腹の脂肪をバストへと注入し、バストアップをしたり、ヒップに丸みを持たせたりといった、自由なボディデザインができます。
しかし、脂肪の注入を行う医師の持つ美的センスに左右されるため、医師選びは慎重に行いましょう。また、事前に施術を行う医師とともに、どんなプロポーションになりたいのかなど、密な打ち合わせをする必要があります。
ベイザーハイデフの認定医しか施術できない
ベイザーミケランジェロは、医師なら誰もが行える施術ではありません。ベイザーミケランジェロの施術は、マシンの開発者やトレーニングセンターでトレーニングを受け、ライセンスを取得した医師のみができます。認定医資格を取るためには、高度な脂肪吸引技術と解剖学的知識が必要。そのため、ベイザーミケランジェロの施術を受ける際には、必ず認定医が在籍しているかどうか、施術経験の有無について確認することをおすすめします。
万が一、資格のない医師が施術を担当すると、ベイザーミケランジェロは表層・中層・深部全ての脂肪に働きかけるため、脂肪を取りすぎてしまい、肌のたるみや凹凸ができるリスクが高いです。

参考サイト

コスメメディカルクリニック・シンシア公式HP:ベイザーによる脂肪吸引
Kunoクリニック公式HP:VASER脂肪吸引
高須クリニック公式HP:ミケランジェロ

手術の流れ

手術の流れ

診療・カウンセリング
患者さんの体質等を勘案し、ベイザーミケランジェロが適しているかどうかを確認。適用可能な場合には、施術後のバランス等も考え施術範囲などを検討します。
施術箇所をマーキング
理想通りのデザインに仕上がるよう、施術前には医師が最終的な施術範囲をマーカーで描いて確認します。
施術
静脈麻酔や全身麻酔等を注入。麻酔点滴で患者さんが眠った後に施術を開始します。施術が終わるまで一定量の麻酔が点滴され続けるので、患者さんには痛みもなければ、施術の記憶もほとんど残りません。
施術後の診察
施術後、改めて患者さんと医師とで面談。治療範囲の確認や、以後の生活上のアドバイスなどが行われます。

ダウンタイムと副作用

ダウンタイムと副作用

強い腫れが1~2週間ほど続きます
個人差はありますが、施術から1~2週間ほどは強い腫れが見られます。弱めの腫れも、その後しばらく続きます。ベイザーミケランジェロは、脂肪を吸引するとともに、その脂肪を別の場所へと注入する、言わば全身的な外科的施術。少々長めのダウンタイム、強い腫れなどは、致し方ないと考えましょう。
副作用はなし。ダウンタイム中の腫れ・痛み・内出血はあり
施術による副作用は特にありませんが、強い腫れや痛みは術後1~2週間ほど続きます。痛みが強い場合には、患部を冷やすなどして対応します。また内出血が現れた場合には、消滅するまでにおよそ3週間ほどかかります。

手術後のケア方法

手術後のケア方法

鎮静剤の服用
手術後から3日間をピークに1~2週間程度、筋肉痛のような痛みが出ます。その間は鎮静剤の服用で痛みをコントロールしていきます。
圧迫ケア
術後の腫れや内出血のケアとして、特殊な圧迫ガードルで治療部位を固定します。帰宅後も12時間程度は休養を取るようにし、2~3週間は激しい運動を避ける必要があります。

ベイザーミケランジェロを受けた人の体験談

脂肪に隠れていた手足の筋肉が浮かび上がりました

運動で筋肉をつけたのにも関わらず、脂肪で筋肉が隠れてしまっていたため、ベイザーミケランジェロを受けました。施術してもらった部位は、両腕と両足。術後は多少腫れや痛みがありましたが、思っていたほどひどい症状にはなりませんでした。

仕上がりは最高です。手足の筋肉を他人に見せびらかしたいくらいです。施術のおかげで、今では以前よりも楽しくスポーツジムに通えるようになりました。脂肪が減った快適さも実感しています。

憧れの6パック腹筋が実現しました

お腹周りの余分な脂肪をスッキリさせて、6パックに割れたカッコいい腹筋を手に入れたいと思い、ボディデザインで話題のベイザーミケランジェロを受けました。施術当日は少々不安だったのですが、施術時には麻酔で眠ってしまったので問題ありませんでした。

施術の結果、イメージ通り、憧れのカッコいい体型を手に入れることができました。最高の気分です。効果は半永久的に続くとのことなので、施術を受けて本当に良かったと思っています。

ベイザーミケランジェロの料金相場

体の大きさ、吸引する脂肪の量、注入する脂肪の量などによって料金は大きく変わります。一つの目安としては、1部位10~50万円と考えておきましょう。腹筋を割りたいという場合には、100~150万円程度となります。

体型が大きく、しかも吸引する脂肪の量や注入する脂肪の量が多い場合には、総額で200~300万円ほどかかる場合もあります。

ベイザーミケランジェロの効果が出る目安

痩身効果を実感するまでには、一般に約1ヶ月かかると言われています。ただし1ヶ月で実感した効果で仕上がりというわけではなく、その後、徐々に効果が進み、多くの人は半年~1年程度で理想的なボディに定着するでしょう。

術後は、医師の指導のもとマッサージやストレッチを行なうと、より効果的な痩身効果を実感することができます。また、脂肪を注入した場合、脂肪細胞が定着するまでに約3ヶ月の期間がかかります。注入した脂肪がすべて定着するわけではなく、注入量に対しておおむね50%程度の定着率と言われています。

ベイザーミケランジェロによくある失敗とその対処法

施術後にたるみができてしまった

通常のダイエットにも言えることですが、急激なダイエットをすると肌に弛みが出てしまうことがあります。ベイザーミケランジェロにおいても同様で、1度にたくさんの脂肪を吸引してしまうと、その部分にたるみが出てしまうのです。

脂肪の量が多い人に起こりやすい失敗ですので、脂肪吸引の量はカウンセリング時に要相談しておくことをおすすめします。

傷跡が残ってしまった

ベイザーミケランジェロの施術は、認定された医師しか行えませんが、医師の技術力には個人差があり、施術の傷跡が残ってしまうことがあります。

ダウンタイムの長さも医師の技術力によるところが大きいので、クリニックを選ぶ際は、できるだけ症例を多くもち、信頼できる医師のいるところを選ぶようにしましょう。

仕上がりにばらつきが出てしまった

両足やバストなど、左右のパーツを施術する際に、それぞれの仕上がりのバランスが悪いという失敗例も多く聞かれます。これも医師の技術力によるところが大きいので、信頼できるクリニック選びが重要です。

手術を行えるドクターは少ないので、選択肢は狭くなりますが、できる範囲でしっかり情報収集をした上でクリニックを選んでください。

ベイザーミケランジェロの施術時の痛みと麻酔方法

施術中は、何らかの麻酔を使用するため、痛みを感じることはありません。使用する麻酔は、クリニックによって多少の違いがあります。静脈麻酔を使用するクリニック、または局所麻酔と全身麻酔とを併用するクリニックなどです。いずれの麻酔法が適しているかということよりも、麻酔技術に精通した医師が麻酔を行なってくれるかということが問題。一般には全身麻酔よりも静脈麻酔のほうが優れていると言われていますが、麻酔技術が未熟な医師が静脈麻酔を行なった場合、患者さんが施術の途中で目を覚ますことがあります。

ベイザーミケランジェロの施術が受けられない人

自分の今の状態が、脂肪吸引を受けることができる状態か迷う場合もあると思いますので、電話やメールで一度クリニックへ確認することをおすすめします。

  • 妊娠中・授乳中の人
  • 心臓、肝臓、腎臓などに疾患のある人
  • 自己免疫疾患のある人
  • 糖尿病を患っている人
  • PageTop