ボディジェットとは

ボディジェット

ジェット水流で脂肪細胞を分離する「ボディジェット」とは
「ボディジェット」とは、麻酔と止血効果を加えた脂肪溶解液を、挿入したカニューレの先端からジェット水流にして脂肪細胞にあてていきます。これで脂肪細胞だけを他の組織から分離させ、切り離された脂肪細胞を吸引していくという切る脂肪吸引方法の一つです。現在おこなわれている切る脂肪吸引方法の中でも、かなり主流となっていて「ウォータージェットアシスト脂肪吸引」とも呼ばれています。
ジェット水流で脂肪を分離
「ボディジェット」は、脂肪細胞を他の組織から分離させるために、ジェット水流の力を利用しているのが最大の特徴となります。あてていく脂肪溶解液には麻酔効果・止血効果も加わっていますので、他の組織へのダメージも少なく、強い力で吸引しなくてもよい治療器です。

ボディジェットのメリット

取りムラや凹凸・硬縮などを抑えられる
「ボディジェット」では、吸引前にジェット水流の力で他の組織から脂肪細胞を分離させるため、強い力で脂肪を吸引しなくてもよく、取りムラや凹凸・硬縮などの症状を抑えられます。
ダメージが少ない
他の組織へのダメージも少なく、切る脂肪吸引方法の中でも術中のリスクやダウンタイムが少ない方法です。

ボディジェットのデメリット

取り過ぎなど、医師の技術力に左右される
切る脂肪吸引方法の中でもダメージの少ない治療法とされていますが、全くトラブルがないというわけではありません。手術を行う医師の技術不足などによる脂肪の取り過ぎによるトラブルなどの失敗例も報告されています。ダウンタイムも吸引量によっては、長くなる場合もあります。

手術後のケア方法

鎮静剤の服用
手術後は1週間ほど筋肉痛のような痛みが続きます。時間の経過とともに徐々に治まってきますが、その間は鎮静剤の服用で痛みをコントロールしていきます。
圧迫ケア
ダメージが少ないとはいえ手術ですので、どうしても内出血などが起こる場合があります。術後にはガードルやバンテージなどによる圧迫ケアをおこなっていきます。

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop