夢のくびれを手に入る「ウエスト脂肪吸引」

太もも脂肪吸引(イメージ)

ウエストに理想的なくびれをつくる脂肪吸引って?
キュッとくびれて細いウエストは、女性なら誰でも憧れる夢のウエスト。女性らしい美しいボディーラインの要でもあります。そんな理想的な夢のくびれを手に入れる方法として、脂肪吸引はおすすめの方法です。ここではウエスト脂肪吸引の方法や術後の経過、料金、おススメの病院などをご紹介します。

ウエスト脂肪吸引手術方法・費用

手術方法 費用
切らない
脂肪吸引
ウルトラアクセント 約3万円~(10cm×10cm)
トゥルスカルプ 約10円前後(16スタンプ)
ライポソニックス 約30円前後~
ヴェラシェイプ 約35千円前後(1回)
ウルティマ・アンサンブル 約4円~(1回)
脂肪溶解注射 約25千円前後~(1部位1回)
エンダモロジー 約15千円前後~(1回)
ウルトラキャビテーション 約3円前後~(1部位)
切る
脂肪吸引
ボディジェット 約20万円前後~
ベイザーリポ 約25円前後~
ベイザーミケランジェロ 約100万円~200万円 (女性の場合)
スマートリポレーザー 約16円~(手にひらサイズ)
シリンジ脂肪吸引 約25円前後~
切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング 切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

ウエストの脂肪吸引に関する注意点と効果

ウエストの脂肪吸引はお腹の前面と同じく、理想のボディイメージやドクターの考え方によって様々な治療方法があります。事前カウンセリングで、自分の理想の体型とドクターが最適だと考える体型のイメージがうまく合致すれば、思い通りの結果を得られるでしょう。注意しておきたいことは次の2点です。

脂肪を吸引し過ぎると様々なトラブルを引きおこす

ウエストの脂肪吸引の失敗例の多くは、脂肪の吸引のし過ぎが原因です。少しでも多くの脂肪を吸引したい気持ちは分かりますが、それが凸凹や皮膚のたるみなどのトラブルの原因となります。

術後のケアが不適切だと思ったように痩せない

手術は成功しても、術後すぐにウエストニッパーやコルセットを装着するなどの適切なケアを実施しなければ、イメージ通りに痩せられないことがあります。美しいくびれに仕上げるためにも、医師の指示には忠実に従いましょう。

ウエスト脂肪吸引の成功談

切らない脂肪吸引

別人のような細さになりました(ウルティマアンサンブル)
痛みもほとんどなく、「これで本当に痩せるのかな」と最初は半信半疑になりました。でも、2回目が終わったころには明らかに痩身効果が実感できましたし、4回目が終わった時にははっきりと細くなったことが感じられました。脂肪吸引、やって良かったです。
ずん胴体型にくびれが生まれました!(ライポソニックス)
元々ずん胴体型で、ダイエットしてもウエスト周りだけは細くなったことがありませんでした。そこで今回、ライポソニックスを受けてみることにしました。効果を実感するまで少し時間がかかりましたが、ずん胴体型に初めてと言っていいくびれが生まれました!
数ヶ月経ちますが、リバウンドなしです(ウルトラアクセント)
切るのが怖くて、切らなくてもいい脂肪吸引のウルトラアクセントを受けてきました。術後も強い痛みなど心配していたこともなく、効果を実感することができました。なんだかお腹の皮膚も、施術前よりキレイになったような感じがします。

切る脂肪吸引

洋服のラインもキレイに着こなせるように(レーザーリポ)
ウエストにくびれがなく、体のバランスが悪かったので脂肪吸引を決意しました。レーザーリポは施術後のダウンタイムがつらいと聞いていましたが、私はそれほど辛くなかったです。ウエストもすっきりして洋服のラインもキレイに出るようになりました。
どこまで細くなるか楽しみです(ベイザーリポ)
最初の2週間くらいは痛みで苦労しましたが、20日ほどたった今ではだいぶ楽になり、経過も順調です。最初は圧迫もキツくて大変だったのですが、今では慣れました。これからどこまで細くなっていくのか楽しみです。ダイエットや運動で痩せるよりも脂肪吸引のほうが確実です。勇気を出して手術を受けて、大満足です。
ダウンタイムはキツイが確実に痩せる(ボディジェット)
何度もダイエットに挑戦しましたが、お腹とウエストが全く痩せることができず悩んでいました。意思の弱い自分が痩せるには脂肪吸引を受けるしかないと決断し、ボディジェットを受けました。当日は麻酔のおかげか、あっという間に手術が終わって気怠さだけが残っているような感じだったのを覚えています。ダウンタイムでは一週間ほど突っ張りが消えず辛かったですが、徐々に痛みや突っ張りは薄れていき、確実に効果が出てきたことを実感することができました。

ウエスト脂肪吸引の失敗例

吸引部が傷跡に
なってしまった
切る脂肪吸引で、吸引部が傷跡になってしまった失敗例です。この原因としては、穴を空ける場所が悪かった、傷口の保護プロテクターを付けないで手術を行った、などが挙げられます。体質が理由の場合もありますが、医師の技術不足がほとんどです。
肌に色素沈着が
起きてしまった
術後におこなう、圧迫ケアの際に起きてしまったかぶれが原因で生じた失敗例です。かぶれで出来た水疱が破れると、色素沈着が起きてしまう場合があります。特に皮膚がデリケートな人は、早めのテーピング交換が必要になります。
皮膚にたるみが
残ってしまった
脂肪吸引後に、ウエストの皮膚にたるみが残ってしまったという失敗例です。急激に脂肪細胞が減ることで皮膚の収縮が間に合わず、程度の差こそありますが皮膚にたるみが残ってしまう場合があります。皮膚の除去などのアフターケア施術が必要です。
バランスが不自然
になってしまった
ウエストのシルエットが不自然な形に減ってしまうことがありますが、原因は脂肪吸引のし過ぎによるものです。「たくさん脂肪を吸引すれば理想的なくびれができる」と考えているドクターが少なくないと言われています。バランスの修正手術を行うクリニックでは、もっとも多い相談例だそうです。
お腹に段差が
できてしまった
ウエストの脂肪吸引でよくある失敗例です。隣接する脂肪エリアとのバランスを考えずに該当部分だけを多く吸引してしまった結果、段差が生じてしまう可能性があります。体型バランスが綺麗になるボディデザインを行うことが重要です。
表面が凸凹してしまった
ウエストだけでなく、切る脂肪吸引をすればどの部位にも生じるリスクです。原因は脂肪の取りムラや吸引器の問題。水着になったときに気になるほどの凸凹が生じた場合には、修正したほうが良いでしょう。

ウエストの脂肪吸引の場合、他の部位に比べてトラブルが少ないと言われています。しかし全くないわけではありませんので、技術力が高くボディーデザインに力を入れているクリニックを選ぶことをおすすめします。

おすすめのクリニック・病院

セオリークリニック
セオリークリニック
詳しく見る
高須クリニック
高須クリニック
詳しく見る
ザ・クリニック
ザ・クリニック
詳しく見る

ウエスト脂肪吸引の効果が出やすい人の特徴

ウエストの脂肪吸引において効果が出やすい人の特徴としては、下着の上からボディラインがはみ出てしまう、ぜい肉が下着の上に乗っかってしまうような人を指します。基本的にはウエストという部位が、お腹、背中、お尻と繋がる部位ですので、より効果が出やすくするには周辺の部位ともセットで施術するのがオススメと言えるでしょう。

ウエスト脂肪吸引手術後、回復の際によくある症状

手術後1~2週間ほど痛みが出る
手術後に1~2週間ほど、打撲や筋肉痛のような鈍い痛みが続きます。痛みの度合いは施術内容や、医師の技術力などによって異なりますが、通常であれば時間の経過とともに、痛みは徐々におさまっていきます。
2~3週間程度腫れや内出血が続く
脂肪吸引手術がおこなわれた後は、どうしても腫れや内出血が生じてしまいます。こうした症状も施術によってとった脂肪の量や、医師の技術力の差になどによって、症状の出方の程度に差が出てしまいます。
施術を行った部位が硬くつっぱる
大体、術後1週間前後から現れる硬縮という症状で、脂肪吸引した部分が硬くぼこぼこした感じになります。体が内部に受けたダメージから回復しているサインで、およそ3~6カ月かけて治まっていきます。
痒みがひどくなることがある
切開した部分を中心に、激しい痒みに襲われる場合があります。つい無意識で掻いてしまう場合もあるとは思いますが、傷口にダメージを与えてしまう恐れがあるので掻かないようにしましょう。およそ1~2週間で痒みは止まりますが、かゆみが続いたり、耐えられない場合にはクリニックから痒み止めを処方してもらってください。
感覚がにぶくなることがある
術後、皮膚の感覚がにぶくなったり、ピリピリしたしびれを感じたりすることがありますが、おおむね3~6ヶ月で正常な感覚に戻ります。戻らない場合は、クリニックに相談するようにしましょう。
ケア方法
脂肪吸引の施術の後に現れやすい症状の軽減には、アイシングやマッサージ、バンテージによる圧迫などが挙げられます。こうしたセルフケアは、症状が治まるまで続けることが重要となってきます。
痒みや感覚低下は、特別なケアをしなくても自然に解消します。ただし、激しい痒みが続く場合や、半年たっても皮膚感覚の麻痺が続く場合には、治療を受けたクリニックに相談してみましょう。
一体キレイなウエストとは?
女性らしい美しいボディーラインというのは、メリハリのある滑らかな曲線を持った体型でしょう。その要となるのがウエストのくびれです。でも、ただ細いだけでは綺麗なメリハリにはならないので、程よく脂肪がついた柔らかさも持っているのが理想とされます。

ウエストの脂肪吸引Q&A

ウエストの脂肪吸引でよくある疑問にお答えします。

Q.なぜウエストに脂肪がつくのですか?
A.カロリーの過剰摂取や運動不足に加え、加齢による新陳代謝の低下などによってウエストに脂肪がつきます。
Q.ウエストの脂肪はなぜ落としにくいのですか?
A.ウエストの筋肉は日常的に使うことが少なく、また腹筋運動などでも鍛えにくい部位なので、脂肪が落としにくいのです。
Q.切るウエストの脂肪吸引をした後のダウンタイムについて教えてください。
A.術後2~3日は痛みが強く、2週間ほどかけて徐々に痛みがひいていきます。同時に、腫れ、むくみ、アザなどが生じてきます。2週間目以降はお腹が突っ張った感じとなり、凸凹も現れます。1ヶ月ほどの圧迫期間を経て痩身効果が実感できます。
Q.内蔵損傷などの重大なリスクはありませんか?
A.切る脂肪吸引に限り、可能性はありますが極めて低い確率です。過去にお腹の手術歴がある人は若干リスクが高くなるため、念のため事前に担当医に手術歴を伝えましょう。
Q.ダウンタイムはどれくらいですか?
A.ウエストは、お尻と同じくらい吸引する量が多いため、全体的にダウンタイムが他部位よりも長めになってしまう傾向があります。施術直後に関しては、痛みが1週間ほど、腫れや青あざなどがは2週間ほど、そのあとはツッパリ感などを感じるのが1か月ほど続きます。

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop