太ももを引き締める「太もも脂肪吸引」

太もも脂肪吸引(イメージ)

適度に引き締まった太ももになる脂肪吸引って?
ズボンをはくと太ももがパツンパツンになってしまう…そんな太もものお悩みを持っている人は少なくありません。かといって細すぎても、女性としての魅力に欠けてしまいます。脂肪吸引は理想の太ももをつくるのにも効果があります。ここでは施術の方法や術後の経過、料金、おススメの病院などをご紹介します。

太もも脂肪吸引手術方法・費用

手術方法 費用
切らない
脂肪吸引
ウルトラアクセント 約3万円~(10cm×10cm)
トゥルスカルプ 約10円前後(16スタンプ)
ライポソニックス 約30円前後~
ウルティマ・アンサンブル 約4円~(1回)
ヴェラシェイプ 約35千円前後(1回)
脂肪溶解注射 約25千円前後~(1部位1回)
エンダモロジー 約15円~(10回)
切る
脂肪吸引
ボディジェット 約30万円前後~
ベイザーリポ 約30円前後~
スマートリポレーザー 約16円~(手にひらサイズ)
プラズマリポザクション 約20円~(1部位)
シリンジ脂肪吸引 約35円前後~
パワーアシスト脂肪吸引 約25円~30円前後~
切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング 切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

気になる太もも脂肪吸引の効果を比較

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引では、太ももに対する効果はどのように違うのでしょうか。痛みや傷跡も気になりますが、やっぱり魅力的な太ももを手に入れたいものです。気になる太ももやせ効果について調べてみました。

切らない脂肪吸引

自然に仕上がりスリムな太ももが維持できる

切らない脂肪吸引では余分な脂肪細胞だけがとれるので、美しく魅力的なデザインの太ももが手に入ります。
体外から脂肪細胞のみを破壊し、2~4ヶ月かけて細胞は体外に排出されるので、少しずつ自然にサイズダウンし治療したことに気づかれません。少々時間はかかりますが、切る脂肪吸引同様に脂肪細胞を減らせるので、リバウンドしづらく維持も可能。
また、気になる痛みがほとんどなく傷跡が残らないのも大きな魅力ですね。「脂肪吸引の手術を受けたいけれど、痛みや腫れが気になるし手術費用が高すぎる…」と悩んでいる方にピッタリの治療方法だと言えます。

切る脂肪吸引

即効性は高いが仕上がりはドクターの腕次第

切る脂肪吸引は効果が高く即効性のある痩身治療ですが、担当医師の技術によっては太もも付け根の脂肪をとり過ぎてお尻が下がったり、脂肪のとり過ぎで肌の凸凹が出ることも…。
「ただ細くなる」だけでなく「魅力的に痩せたい」という目的の達成はドクターの腕とセンスにかかっています。とはいえ、滑らかな曲線にするのは熟練していても難しいようです。
また、切る脂肪吸引は麻酔を使って手術を行なうので、身体への負担が大きくなります。
なるべく負担を軽減するために、痛みや腫れなどのダウンタイムについてもチェックしましょう。

太ももの脂肪吸引の共通の注意点

痛み・むくみ・しびれがある

太ももの脂肪吸引は、手術を行う範囲が広く、痛みがあります。手術後の痛みは1週間~1ヶ月ほど続き、動いた時や太ももを押した時に小さな痛みを感じる程度。吸引範囲が大きいほど痛みが長引く傾向にあります。また、脂肪吸引後はむくみやすい状態です。マッサージしてむくみを取るようにすると◎。2~3ヶ月で回復しますが、脂肪吸引した部分の皮膚の感覚が鈍くなることがあります。また、1週間~2週間は内出血しているので、素足の見えない格好でカバーしましょう。

手術後に拘縮(こうしゅく)が起き、太ももが硬くなる

脂肪吸引の手術を受けて2週間ほど何もケアをせずにいると、太ももの筋肉や皮膚が収縮して硬くなる拘縮の症状を引き起こします。そうならないために、太ももを圧迫したりマッサージをしてほぐしたりしてください。脂肪吸引後から3ヶ月ほどで改善してきますよ。

傷跡・色素沈着の可能性も

通常の脂肪吸引では、傷跡が時間と共に目立たなくなっていきますが、まれに傷が残ったり皮膚の色が茶色になる色素沈着を引き起こすケースがあります。術後6ヶ月~1年経過しても目立つ傷になるようであれば、クリニックの先生に相談しましょう。

太ももの脂肪吸引のメリット、デメリットについて

短期間で効果を実感できる

脂肪吸引は短い期間で太ももを細くすることができます。脂肪吸引手術からキレイな状態になるまでおよそ3~6ヶ月ほど。通常のダイエットをするよりも早い段階で細い太ももが手に入ります。

手術をすれば確実に細くなれる

ダイエットの場合だと実践してもなかなか体重が減らず、太ももを細くできなかったというケースがたくさんあります。脂肪吸引では手術後に体重が増えない限り、確実に効果が現れます。どこまでも細くなれると言う訳ではありませんが、痩身効果を実感できないということはありません。

気になる部分にだけに効果が現れる

脂肪吸引では、気になる箇所を中心に効果を実感できます。ダイエットの場合だと自分の気になる部分だけ見た目が変わらないなんてことがありますが、脂肪吸引ならダイエットで効果がなかった箇所をピンポイントで細くすることが可能です。

コスト・費用がかかってしまう

脂肪吸引は効果が確実できるという反面、少なくても20万円以上の費用がかかります。太もも全体の脂肪吸引の場合だとさらに高額になることも。中には麻酔代金や圧迫物品代金、採血代金などの追加料金が上乗せされるケースがあります。その額はクリニックによって違いがあり、安くて数万円、高いと10万円以上かかってしまいますので、事前によく確認しましょう。

内臓脂肪には効果がない

脂肪吸引の場合、皮膚の下にある脂肪を減らすことができるのですが、内臓脂肪にまでは効果がありません。そのため、メタボを改善しようと脂肪吸引するはNG。あくまでも見た目が変化するための手術です。

太もも脂肪吸引の成功談

切らない脂肪吸引

少しずつ脚が軽くなってきています(ウルトラアクセント)
ずっと気になっていた太い脚をなんとかしたいと、ウルトラアクセントで太もも・ふくらはぎを施術してもらいました。最初のころは特に変化を感じなかったのですが、少しずつ脚が軽くなってきたことを実感できました。施術中の痛みは感じられず、気持ちが良くて気に入っています。
その効果にリピートしています(ウルティマ・アンサンブル)
切らない脂肪吸引って効果的にはどうなのかな…と思っていたのですが、そんな心配は無用でした。施術中の痛みは想像していたよりもずっと感じなかったし、時間の経過とともにその効果を実感しています。思わずリピーターになってしまいました(笑)
食事制限のできない私にはウルトラアクセントが最適でした(ウルトラアクセント)
性格的に食事制限などできない私なので、彼氏が出来てから迷わず脂肪吸引をしました。太ももに3回ウルトラアクセントをやったところ、食事制限も運動も一切していないのにマイナス4.2cm!ショートパンツをはいたら、足フェチの彼が喜んでくれました(笑)。
たった2回でもスッキリしました(ウルトラアクセント)
太ももとフェイスラインに2回ずつウルトラアクセントを受けました。たった2回ですが、どちらもスッキリした実感が得られました。暴飲暴食が習慣のような私なので、奇跡のような現象です。食事制限と運動も並行して本気で痩せようと思えるようになりました。

切る脂肪吸引

14日目に痛みがひき、細くなっていることを実感(ベイザーリポ)
ウォータージェットにするかベイザーリポにするか悩んでいたのですが、先生の助言に従ってベイザーにしました。太もも全周の吸引です。術後12日目までは痛みや腫れとの戦いでしたが、14日目に痛みも急になくなりました。結構細くなったような気がします。
2週間で少し細くなってきました(ボディジェット)
キャンペーンで安かったので、太ももの脂肪吸引してもらいました。他県のクリニックだったため、帰りは痛みで歩くことが少しキツかったのを覚えています。手術の当日は痛くて眠れませんでしたが、少しずつ痛みは引いてきて、2週間たった今は脚が細くなってきた感じがします。あと2週間くらいたてば見違えるようになるそうなので、楽しみにしています。
パツンパツンだった太ももに隙間ができた(シリンジ脂肪吸引)
念願だった太ももの脂肪吸引をしたのですが、手術後は痛みとむくみでトイレに行くのもすごく辛かったです。普通に歩けるようになるまで3週間かかりました。でも、それを乗り越えた結果、パツンパツンだった太ももに念願の隙間ができて感動です!
バレーボールで鍛えた太ももがすっきりしました(ベイザーリポ)
10代の頃からバレーボール部で鍛えた太ももの筋肉は、加齢とともに脂肪に変わりセルライトもびっしりの醜い姿に…。思い切って受けた脂肪吸引でしたが、術後10日間位は痛みが強くて辛かったです。でも、2週間を過ぎると治まってきて、太ももがすっきりしていました!

太もも脂肪吸引の失敗例

太ももに左右差が
出てしまった
左右の吸引場所や吸引量の違いによって生じてしまう失敗例です。元々あった左右差などによっても、施術後差が出ることはありますが、多くの場合は医師の技術不足が原因となります。太ももは比較的修正しやすい場所ですので、クリニックに相談しましょう。
お尻が下がってきて
しまった
太ももの付け根の脂肪は、お尻を支える柱となっています。その必要な脂肪まで取ってしまうと、時間とともにお尻が下がってきてしまいます。また、脂肪を摂り過ぎたことによる内部組織への負担で、しびれが生じる可能性もあります。
施術した太ももが
凸凹して戻らない
手術方法が適していなかった、カニューレの操作に不慣れだったなど、医師の技術不足で生じる失敗例です。特に太ももの全面は脂肪層が薄く、その上筋層にも近いため、脂肪吸引時のムラによって肌の表面が凸凹して目立ってしまいます。
思ったよりも
細くならなかった
脂肪吸引の失敗例の中でも、最も多く見られるケースです。医師の技術不足が原因となる場合もありますが、事前に医師とのイメージが共有できなかったことが理由となっていることもあります。カウンセリングのしっかりしたクリニックを選びましょう。
細くなりすぎた
脂肪を吸引し過ぎると、稀に細くなりすぎて筋肉が浮いてしまうことがあります。ベイザーなど切る脂肪吸引に見られる失敗例です。脂肪を吸引し過ぎたときは修正が難しいのが現状です。
傷跡が残ってしまった
切る脂肪吸引では、術後に傷跡が目立たない箇所を選んでメスを入れますが、その傷跡が赤く残ってしまうこともあります。カニューレの摩擦や雑な縫合が原因です。気になるようであれば洋服で目立たないように隠すか、または形成外科で傷跡を消してもらいましょう。

手術方法が適していなかった、カニューレの操作に不慣れだったなど、医師の技術不足で生じる失敗例です。特に太ももの全面は脂肪層が薄く、その上筋層にも近いため、脂肪の取りムラがあると凸凹が目立ちやすくなってしまいます。

失敗しないためにも信頼のできるクリニックを選ぶ

脂肪吸引で美しい太ももを手に入れるためには技術力の高い医師がいるクリニックを選択することが大切です。たくさん太ももに脂肪が付いているからといって脂肪吸引の量をとにかく増やせば良いわけではありません。脂肪を一度に取り過ぎると、膝の上に皮膚がたるんでしまうこともあるのです。また、太もも全体が凸凹した状態になることもあるので、技術力の高い医師がいるクリニックを選びましょう。

おすすめのクリニック・病院

ザ・クリニック
ザ・クリニック

ベイザー脂肪吸引が受けられます。この施術では一度にたくさんの脂肪を取り除けるので、とにかく太ももが太くて悩んでいる…という方にもおすすめです。切らないふくらはぎ縮小術であるカーフメイクといった施術も取り扱っています。

詳しく見る
セオリークリニック
セオリークリニック

太ももは脂肪が付きやすい部位ではありますが、脂肪を吸引しすぎてしまうと凸凹になったり美しく見えなくなることもあるのですが、セオリークリニックは実績数が豊富で美しく滑らかな仕上がりを目指せます。

詳しく見る
聖心美容外科
高須クリニック

美しい太ももを目指すための施術を行ってくれます。太ももの脂肪吸引はその他の部位に比べると高い技術を必要とするので、症例数を重視したい方も高須クリニックならば納得できるでしょう。

詳しく見る

太もも脂肪吸引の効果が出やすい人の特徴

太ももの脂肪吸引で効果が出やすい人は、ずばり下半身太りをしてしまっている方でしょう。人によって、お腹周りや、足回りと個人差がありますが、後者の方に太ももの脂肪吸引の効果が多く、お尻と同様かなりの吸引量になります。

ただ、太ももだけとなると、そこから隣接するお尻周り、膝周りとのバランスを考えなければなりませんので、局所的に施術するよりも、周辺箇所とセットにした方がより効果が出やすく、外見上の変化も大きいでしょう。

太もも脂肪吸引手術後、回復の際によくある症状

手術後1~2週間ほど痛みが出る
手術後に1~2週間ほど、打撲や筋肉痛のような鈍い痛みが続きます。痛みの度合いは施術内容や、医師の技術力などによって異なりますが、通常であれば時間の経過とともに、痛みは徐々におさまっていきます。
施術部位の腫れやむくみが続く
手術後には1週間ほど、腫れやむくみといった症状がでます。腫れが起こっている場合は、患部が炎症を起こして熱を持っています。また水分がたまるむくみの症状は、特に冷え性の方に強く現れるとされています。
施術を行った部位が硬くつっぱる
大体、術後1週間前後から現れる硬縮という症状で、脂肪吸引した部分が硬くぼこぼこした感じになります。体が内部に受けたダメージから回復しているサインで、およそ3~6カ月かけて治まっていきます。
ケア方法
セルフケアを行うとよりキレイに脂肪吸引の効果を実感しやすくなります。そのために手術後のセルフケアを意識しましょう。こちらでは、セルフケアの方法を紹介しているので、チェックしてみてください。

  • ■ガードルやタイツなどで圧迫する
  • 手術後直後にガードルやタイツなどで圧迫すると内出血や腫れの予防になります。短くても24時間は圧迫しましょう。脂肪吸引の効果をキレイに出すために効果的なので、できるだけ24時間から3ヶ月ほど続けると◎。圧迫している途中で脂肪吸引の効果が出てきてガードルやタイツが緩くなったら小さいのに買い替えて続けましょう。


  • ■マッサージやストレッチをする
  • 脂肪吸引の後は非常にむくみやすく、ガードルやタイツで圧迫していてもむくむことがあります。その時はマッサージやストレッチをすると良いですよ。脂肪を多く取った後は皮膚が硬くなるので、マッサージやストレッチをして硬くなった皮膚を柔らかくしましょう。


  • ■食べ過ぎに注意する
  • 脂肪吸引で太ももを細くした後に、安心して食べ過ぎてしまうと他の部位に脂肪がついてしまいます。そうならないためにも食事に気を付けることが大切です。

太ももの脂肪吸引Q&A

太ももの脂肪吸引でよくある疑問にお答えします。

Q.アフターケアはどのようにすれば良いですか?
A.主に4つあります。1ヶ月の圧迫(痩身効果の前提)・水分とタンパク質補給(脱水症状の予防と痩身効果のため)・適度な運動(血栓予防のため)・マッサージ(自然な仕上がりのため)です。マッサージは圧迫終了後から始めます。
Q.どの辺りを切るのですか?傷口は目立ちませんか?
A.一般に、両足の付け根の前面と背面、合計4カ所を切ります。傷口はわずかに残りますが、関節のシワに隠れるため大きく目立つことはありません。
Q.切る太ももの脂肪吸引術後のダウンタイムについて教えてください。
A.術後2~3日は辛い痛みがあります。1週間程度は痛み止めの服用が必要です。2~3週間目までは内出血やむくみ・腫れが生じ、同時に太ももが突っ張ったような感覚になります。手術前と同じように自然に動けるようになるまでに、1ヶ月ほどかかるのが一般的です。
Q.脂肪吸引をした後、すぐに運動はできますか?
A.切る脂肪吸引の場合、血栓予防のために適度な運動は必要ですが、最低でも2~3週間は激しい運動を控えるようにしましょう。切らない脂肪吸引の場合は、手術当日から運動ができます。
Q.脂肪吸引のあとにリバウンドすることはありますか?
A.ほとんどありません。脂肪吸引とは脂肪細胞の数を減らす手術のため、術後に脂肪細胞が増えることはめったになく、リバウンド現象は起こりにくいと言えます。
Q.ダウンタイムはどれくらいですか?
A.吸引量が多い部位ですので、全体で一か月程度は見込まねばなりません。施術直後は、痛みが1週間ほどですが、最初の2,3日後は徐々に痛みが引いていくでしょう。また青あざや腫れが暫く2週間ほど続き、その後のむくみについては、圧迫下着をつけていきながら、徐々に収まっていくでしょう。
一体キレイな太ももとは?
ヒップラインよりも外にはみ出すことなく、適度に肉の付いた引き締まった太ももがキレイと言われています。
しかしそれだとなかなかピンとこないのではないでしょうか。そこで自分でチェックするために理想的な太ももの太さがわかる計算式があります。それは「身長×0.3」です。日本人女性の平均的な太ももの太さは45~50センチなので、この数字を目安にすると良いですよ。
また、人によって骨格や筋肉の付き方に違いがあるので、その人に合ったバランスでなだらかなラインを作り出すことが、キレイな太ももになるポイントと言えます。

太ももの脂肪について

足の中でもとにかく太ももが太くてコンプレックスになっている方は珍しくありません。太ももは脂肪が付きやすく、なかなか落としにくい部位ともいわれています。一般的に付きすぎてしまった脂肪を落とすためにはエクササイズや筋トレ、運動が効果的といわれていますが、太ももの場合はこれらを組み合わせて行ったとしても変化が実感できるまでに長い期間がかかってしまうものです。

そもそも、なぜ太ももが太くなるのかというと、大きな原因は脂肪にあります。太ももを少し絞った際にセルライトができているようであれば自分の力だけでそれを改善するのは非常に難しいです。普段から運動不足を感じている方もそれが原因で下半身の代謝が落ち、脂肪が付きやすい状態になっている可能性があります。

むくみが原因で太くなっている場合はマッサージをするだけでも変化が期待できますが、脂肪が原因で太くなっている場合は脂肪吸引についても検討してみましょう

太ももの脂肪を落とすには?

太ももの脂肪を落とすためには次のような方法が挙げられます。

筋トレ

特に効果的なのがスクワット。スクワットをすると筋肉が付いて逆に太ももが太くなってしまうのでは?と思うかもしれませんが、筋肉が付くためには先に脂肪が減らなければならないため、適度な筋トレであれば足が太くなるような心配はほとんどありません。

エクササイズ

椅子に浅く腰かけ、膝の間に電話帳や厚い雑誌を挟みましょう。これを落とさないようにできるだけキープします。一度に長時間行うとヒドイ筋肉痛になることもあるので注意してください。普段椅子に座る際もできるだけ膝同士をつけるように心がけるだけでも効果が期待できます。

踏み台昇降

ダイエットに効果的な有酸素運動として知られている踏み台昇降も太ももを細くする効果が期待できます。太もものみをピンポイントで鍛えるのは難しいのですが、足を使うので太ももとふくらはぎの脂肪を落とせるでしょう。脚全体の脂肪が気になっている場合も踏み台昇降を取り入れてみてくださいね。

脂肪吸引

脂肪が付きすぎたことが原因で太ももが太くなっている場合には、脂肪吸引が効果的です。脂肪吸引では太もも全体に働きかけて全体的にほっそりとした太ももを目指すことができます。

太ももの脂肪を効率的に落とすには脂肪吸引がオススメ

太ももの脂肪はエクササイズや運動だけではなかなか落とせません。毎日頑張って努力しているにもかかわらずあまりにも変化がないために途中で諦めてしまう方もいるほどです。しかし、脂肪吸引であればすぐに大きな変化が実感できるでしょう。

また、太もものダイエットする際に間違った方法を取り入れるとかえって太くなってしまうこともあるのですが、脂肪吸引であれば確実に細くなるので、効率よくほっそりとした太ももを目指したいと思っている方は体に負担の少ない切らない脂肪吸引を検討してみてくださいね。切る脂肪吸引もありますがこちらは傷跡も残りやすく体への負担も大きくなります。

かっこよくパンツやスカートを着こなすためには太ももの太さが非常に重要なので、自分の太ももの太さにうんざりしている方も脂肪吸引で対策を取るのがおすすめです。

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop