膝上のもたつき解消!!「膝まわりの脂肪吸引」

膝まわりの脂肪吸引(イメージ)

膝の上にもたつく脂肪を解消する脂肪吸引って?
膝を伸ばした時、その周りに脂肪がもたついていると膝が曲がって見えるし、ゾウさんみたいで気になりませんか?かといって、自分ではどうしたらいいかわからないし…そんな膝まわりにも脂肪吸引は効果的です。ここでは膝まわり脂肪吸引の方法や術後の経過、料金、おススメの病院などをご紹介します。

膝まわり脂肪吸引手術方法・費用

手術方法 費用
切らない
脂肪吸引
ライポソニックス 約3万円前後(4.5cm×4.5cm)
ウルトラアクセント 約3円~(10cm×10cm)
トゥルスカルプ 約10円前後(16スタンプ)
ウルティマ・アンサンブル 約4円前後
脂肪溶解注射 約25千円前後~(1部位1回)
ウルトラキャビテーション 約3円前後~(1部位)
切る
脂肪吸引
ボディジェット 約25万円前後~
ベイザーリポ 約25円~30円前後
ベイザーミケランジェロ 約25円~30円前後
シリンジ脂肪吸引 約20円前後~
スマートリポレーザー 約16円~(手にひらサイズ)
プラズマリポザクション 約20円~(1部位)
ボディタイト 約15円~
切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング 切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

膝まわり脂肪吸引の成功談

切らない脂肪吸引

ゆっくりと確実な変化が!(ウルトラアクセント)
何をやってもなかなか細くならない膝上でしたが、ウルトラアクセントに出会って確実に脂肪が減ってきました。変化はゆっくりですが、6回目くらいにはだいぶ見違えるような脚になりました!これからは脚を堂々と見せて外を歩くことができます。別の部位も試してみたくなりました。
5回の治療でとてもスッキリしました(ウルトラアクセント)
傷口が残ったり、ダウンタイムで痛い思いをしたりするのが嫌だったので、ウルトラアクセントをすることにしました。5回治療してもらったのですが、むくみも取れてとてもスッキリしました。私の場合はウルトラアクセントを選んで大正解でした。
太ももから膝に乗っていたお肉がすっきり!(ライポソニックス)
太ももから膝の上に溢れるように乗っていたお肉がなくなり、あまりわからなかった膝がはっきりとわかるようになりました。内出血も思っていたよりもすぐになくなったし、ダウンタイムの苦労もあまり感じずに理想の脚をゲットできました!
取れなかった膝の脂肪が小さくなってびっくり(ウルトラアクセント)
ウルトラアクセントを受けました。施術中は時々熱い!と思う瞬間はあっても気になる痛みもなく無事に終了。太もも+膝のコースだったのに、全身サウナに入ったみたいでした。ずっと取れなかった膝の脂肪も小さくなっていて、その効果にびっくりしました。

切る脂肪吸引

少しずつ細くなっている実感があります(ボディジェット)
太ももと膝をボディジェットで脂肪吸引してもらいました。麻酔で眠っている間に手術は終わっていたので不安はありませんでした。まだ手術を終えて日が浅いのですが、少しずつ効果が実感できてきました。リバウンドせずに、ずっと細いままでいられるのが脂肪吸引の良いところですね。
ダウンタイム後のマッサージで徐々に細くなってきました(ベイザーリポ)
圧迫を取ってから、クリニックで指導された通りにマッサージを欠かさずやっています。少しずつ固いところも柔らかくなってきて、腫れもおさまってきました。そして何より、足全体が徐々に細くなってきました。もっと細くなるように、引き続きマッサージを頑張ります。
昔の細いパンツが履けるようになりました(ベイザーリポ)
術後1週間くらいは痛みがひどかったのですが、細くなることを夢見てガマンしました。1ヶ月後くらいには明らかに細くなってきたことを実感。現在3ヶ月目に入りましたが、昔履いていた細いパンツも履けるようになりました。術前に比べるとすごい変化です。
付かなかった膝頭がつくようになりました(ベイザーリポ)
太ももの内側と膝まわりを手術してもらいました。術後は痛みや腫れ、硬縮があって結構大変でしたが、3カ月たった今、椅子に座ると開いていた膝頭がつくようになりました!女性らしく上品に座れるようになって大満足です。

膝まわり脂肪吸引の失敗例

効果を感じられなかった
施術を受けたのに効果が得られなかったという失敗例です。主に、脂肪溶解注射など切らない脂肪吸引を受けた方に、みうけられるようです。この場合、医師による治療法の適用ミスまたは患者さんとのコミュニケーション不足が要因として考えられます。
術後ひどく腫れて
ずっと取れない
脂肪吸引をした後、膝がパンパンに腫れてしまい何ヶ月経ってもそのままだったという失敗例です。この場合は、他の組織を傷つけてしまった可能性があります。膝まわりは皮膚が薄くデリケートな箇所ですので、手術を行う医師に高い技術が要求されます。
皮膚がたるんで
シワシワな膝に
施術後に脂肪は取れたけれど、皮膚がたるんでしまいシワが寄ってしまったという失敗例です。これは、必要以上に脂肪を取り過ぎてしまったために起こったトラブルです。たるんでしまった皮膚の改善するために、他の治療を行う必要が出てしまいます。
左右が対照的でない
両膝とも術前に比べて細くはなってきたものの、形の左右差が生じてきたというケースが報告されています。切る脂肪吸引は、担当医の技術や経験に左右されやすいため、技術・経験不足の医師が執刀する際に起こりがちな失敗です。失敗だと感じるようでしたら再手術が必要となりますので、手術を受けたクリニックに申し出ましょう。
術後、感覚に
異常がある
皮膚の表面の感覚に違和感が生じるケースがあります。通常は1ヶ月ほどで元に戻りますが、その後、数カ月間違和感が消えない場合には、神経を損傷してしまった可能性があります。切らない・切る手術に関わらず、広範囲の脂肪吸引になればなるほどこのリスクが高まります。
傷口が茶色く
残って消えない
カニューレを挿入した際にできた傷跡です。膝まわりを切る脂肪吸引の場合、あまり目立たない箇所を切開します。傷口に関しては、担当医師から事前にきちんと説明を受け、納得の上で手術を受けましょう。

膝まわりは、身体のパーツの中でも骨格による個人差が出てきやすく、皮膚が薄くて大変デリケートな部位です。そのため、手術する医師の技術力はもちろん、ボディーデザインに定評のあるクリニックを選んでいきましょう。

おすすめのクリニック・病院

ザ・クリニック
ザ・クリニック
詳しく見る
セオリークリニック
セオリークリニック
詳しく見る
クロスクリニック
クロスクリニック
詳しく見る

膝まわり脂肪吸引手術後、回復の際によくある症状

手術後1~2週間ほど痛みが出る
手術後に1~2週間ほど、打撲や筋肉痛のような鈍い痛みが続きます。痛みの度合いは施術内容や、医師の技術力などによって異なりますが、通常であれば時間の経過とともに、痛みは徐々におさまっていきます。
施術部位の腫れやむくみが続く
手術後には1週間ほど、腫れやむくみといった症状がでます。腫れが起こっている場合は、患部が炎症を起こして熱を持っています。また水分がたまるむくみの症状は、特に冷え性の方に強く現れるとされています。
施術を行った部位が硬くつっぱる
大体、術後1週間前後から現れる硬縮という症状で、脂肪吸引した部分が硬くぼこぼこした感じになります。体が内部に受けたダメージから回復しているサインで、およそ3~6カ月かけて治まっていきます。
ケア方法
手術後に起こる腫れとむくみのケアには、炎症が起こり患部が熱を持っている間はアイシングが有効で、鎮静後はむくみ軽減のため、マッサージやむくみ防止ストッキングなどで血行を良くしていくのがおススメです。
一体キレイな膝まわりとは?
美脚の条件の一つに「脚が曲がって見えないこと」が挙げられます。膝まわりに脂肪が付いてしまうと、その大部分は膝上につくため膝が曲がって見えてしまうのです。すっきりとした膝まわりは脚全体のラインを細く、長く見せる効果も期待できます。

膝まわりの脂肪吸引Q&A

膝まわりの脂肪吸引でよくある疑問にお答えします。

Q.膝まわりの脂肪吸引は、一般的にどこからどこまでの範囲の脂肪を吸引するのですか?
A.膝上にのった脂肪、および膝の内側などが吸引の範囲になりますが、患者が希望する膝周りのデザインによって吸引範囲は異なります。太ももから膝にかけて脂肪吸引をする人も多く見られます。
Q.膝まわりの脂肪吸引はどの辺りを切るのですか?また傷口は目立ちますか?
A.一般に、膝の前面外側と背面内側の二カ所を切ります。目立つかどうかは個人の感じ方にもよりますが、わずかに傷口が残る場合があります。そのため過去の傷跡がある場合には、その傷跡を利用して手術を行なうことがあります。
Q.術後、いつごろから運動ができますか?
A.切る脂肪吸引の場合は、腫れや痛みの個人差に応じ手術から2~3週間後に運動ができるようになります。切らない脂肪吸引の場合は、手術当日から運動ができます。
Q.膝まわりの脂肪吸引は、切る方法と切らない方法で、どちらがおすすめですか?
A.どちらかと言えば、切らない脂肪吸引がおすすめです。なぜなら、もともと膝まわりには脂肪が少なく、脂肪を取り過ぎると逆にたるんで見えることがあるからです。切る脂肪吸引を選ぶ場合は、高度な技術を持つ医師のもとで行うことをおすすめします。

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

切らない脂肪吸引クリニック・病院 口コミランキング

PageTop